トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

求ム! 段ボール

なんだか仕事が忙しくなりそうで、
今からちょっとずつ引っ越し準備を
進めておきたいのだけど(←荷造り好き)、
このところの「ゲリラ豪雨」のおかげでちっとも進まない…。

お店の外とかに出してある段ボールが、
全部びしょ濡れなんだもん…。

 
 

| | コメント (0)

まちかどアンケート

Image133

自転車 置かないように !!
破損・ヒビ割れ起こしたらあなたどうしますか?
無視しますか !!
支払いますか?

--
なんかすごいキレてる割に、
後半は単なるアンケートのような気も…。

--
本日ノー弁当デー。

 
 

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0827

Img_1702

・白飯
・豚バラとキャベツの炒めもの
・ごぼうとにんじんのごま和え

--
一昨日はなぜか、一睡もできませんでした。
引っ越し先が決まったせいかしら?
結局、昼寝もできず昨日は夜10時くらいから爆睡。
おかげで今日はスッキリです。
 

 
  

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0826

Img_1695

・白飯
・ハンバーグ
・ゆで野菜

--
困った時のゆで野菜頼み…。 

 
  

| | コメント (0)

不動産のけいやく。

年内に引っ越しをしようかなあ、なんて考えていたら
なんだかとんとん拍子に事が運んで、
来月に引っ越しが決まってしまいました。

今回、不動産屋さんが地域密着型で
みなさんとっても親身になってくれるので、それがすごくうれしいです。
(不動産屋ってだいたい押しが強いばかりで中身がないんだもの)

その不動産屋さんに初めて入店したときのひとこま。
私はお手洗いを借りに席を立っていて、その間に彼が
物件の希望を用紙に記入していました。

担当者「ペットを飼われているんですね? 種類は何ですか?」
  夫 「犬です(キッパリ)」

…………。
猫なんですけど。

Image00300
猫ですが何か

しかも、用紙に記入する手元では「猫」と書いておきながら、
それと同時に口では「犬です」とキッパリ言い切っていたので
受付のお姉さんは相当ツボに入ったらしく、大笑いしていました。

そしていよいよ申し込みをすることになり、
彼のお父さんに保証人になってもらうことになりました。
不動産屋さんからお父さんあてに電話連絡がいくようなので、
「念のため、お父さんに一報入れておいて」と彼にメールしました。

その直後、私のところに彼からメールが届きました。

「本日、不動産屋から確認の電話が行くようです。」

…………。
私にメールするんかい。

ああ〜こんなふつつかな夫で大丈夫なのか。
いろいろと。
  

 
 

| | コメント (0)

振り込み禁止

Image044

ダメダメ 振り込み禁止(振り込め詐欺のみ)

--
振り込み詐欺にあってる方以外は、
振り込みOKです!

振り込み詐欺にあってる方は禁止ですので
ご注意ください!

--
「あらっ、これから振り込み詐欺に振り込もうと思ったのに
禁止って書いてあるから振り込めないわ! 残念!」

…みたいなことにはならないわけで。
大いなる矛盾。
 
 
 

| | コメント (0)

おすすめおかずセット

Image082

目玉焼きが2つ。のみ。
 
 
 

| | コメント (0)

朝は機嫌が悪い

基本ローテンションなわたしですが、
完ぺき夜型人間のため、朝は輪をかけて機嫌が悪いです。

(弁当の準備をしているわたしを見て)
夫「今日は何つくるの〜?」
私「…教えない」(低い声で)
夫「え〜、何で。教えてや」
私「…教えない」(低い声で)

(なすを炒めているわたしを見て)
夫「なす炒めてんねや。何ができんの〜?」
私「…なす」(低い声で)
夫「…いや、それは見りゃわかるんだけど…」

だいたい毎朝こんな調子です。(特に反省はしてない)

 
 

| | コメント (3)

きょうのおべんとう_0822

Img_1659

・白飯
・鶏肉の香草焼き
・なすとピーマンの味噌いため
・漬け物

--
[きょうの家事]
・弁当をつくる

朝ご飯の準備はピロシ(だんな)が担当。
 

 
  

| | コメント (0)

おでかけ

Img_1654_2

 
 

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0821

Img_1656

・焼きうどん

--
今日は朝、時間がなかったので焼きうどんをささっと。

先日、「キューピー3分クッキング」で紹介されていた「キムチ焼きうどん」がとってもおいしそうだったので作りたかったんだけど、キムチとニラがたっぷり、か…。すんごいうまそう…。でも人と会う予定があったのでキムチはちょっと…。

そんなわけで、キムチは次回に回して普通の焼きうどんを作りました。いつも味付けとか焼き加減とかが微妙な私にしては珍しく、すごーくおいしくできて感激であります。

--
[きょうの家事]
・弁当をつくる
・掃除機をかける
・仕事後、食材の買い出し
・明日の弁当の仕込み
・食器洗い
 

 
  

| | コメント (0)

主張する布

Image183

 
 

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0820

Img_1650
・じゅーしぃー(沖縄風炊き込みご飯)
・さばの塩焼き
・チンゲンサイとにんじんの炒めもの

--
以前、編集さんからいただいた沖縄みやげの「じゅーしぃーの素」があったので、これを使って炊き込みご飯にしました。

焼き魚、最近はヘルシオを使って作っています。火加減とか見なくてよいので助かる〜。今日はちょっと皮の焼き色が足りなかったけど、まあいいや。ちなみに昨日、今日と自分用のお弁当は持っていってないので、味がどうなのかイマイチわからない…。

--
[きょうの家事]
・弁当をつくる
・洗濯
・洗いものをする 
・仕事後、食材の買い出し
・明日の弁当の仕込み

今日はだんなが朝ご飯をつくってくれました。 

 
 

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0819

Img_1648

・白飯
・かにクリームコロッケ(cf. 『ごちそうさまが、ききたくて。 』)
・アスパラとベーコンの炒めもの
・きんぴらごぼう

--
いつか作ってみたかった憧れのかにクリームコロッケ。なにしろ「うまいものとは何か」と山本さんが世間に問うたアンケートでも回答多数だった人気のメニューです(『伝染るんです』参照)。

しかしそんな難しげなものはよほど時間がないと…と思っていたのですが、栗原はるみさんの 『ごちそうさまが、ききたくて。 』に電子レンジを使った超簡単レシピが載っているのを発見。小麦粉と牛乳をレンジでチンして、生クリームとバター、かにの缶詰を加えて、レンジで加熱したじゃがいもをつぶしながら混ぜる。あとはころもを付けて揚げるだけです。すごーい。

じゃがいもが入っている分、一般的なかにクリームコロッケと普通のコロッケの中間みたいな食感。なかなかおいしかったです。ただ、最初は高温でうまく揚げていたのが、途中で揚げ油の温度が下がってしまって、最後の方に揚げたものはイマイチな仕上がりに。揚げ油の温度調節、いまだに慣れません…。とりあえず、「コロッケは高温、短時間で揚げる!」ということを学びました。全体的にもうちょい改善できそうなので、そのうちリベンジしようっと。

--
ごちそうさまが、ききたくて。 』は、あまりに有名すぎて何となく買うのを控えていたんだけど、実際に中身を見てみてびっくり。どれもほんとに毎日作れるような簡単なメニューばかりで、野菜をたっぷり使っていて、しかも掲載されている品数が豊富! これは売れるわけだわ、と納得。最近、レイアウト重視で品数が少なかったり、見づらかったりする料理本も多い中、この本はかなり使い倒せそうな感じです。

--
[きょうの家事]
・朝ごはんをつくる(ご飯、納豆、みそ汁)
・弁当をつくる
・洗いものをする 
・仕事後、食材の買い出し
・明日の弁当の仕込み
 
 

| | コメント (0)

あと2時間がんばろう

Image192

 
 

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0818

Img_1647

・白飯
・冷しゃぶ
・つるむらさきの中華炒め
・漬け物

--
メイン(冷しゃぶ)がかなり手抜きだけど、(゚ε゚)キニシナイ!! つるむらさきは得体が知れなかったのですが、スーパーで安かったのでとりあえず買ってみた(というか、ほかの菜っ葉類が全部売り切れてた)。どんな調理法がいいのかネットで検索してみたところ「味に独特のくせがある」「ねばりけがある」という声が多くて、そのくせが苦手な人も多い模様。そんなわけで、ごま油とオイスターソースで炒めてみました。確かに青くささがあるけど、ちゃんと味付けすればそんなに気にならなかったです。

--
[きょうの家事]
・朝ごはんをつくる(パン、ベーコンエッグ、サラダ)
・弁当をつくる
・洗いものをする 
・仕事後、食材の買い出し
・明日の弁当の仕込み
 
 
 

| | コメント (0)

良寛先生

Image228

新潟で見つけました。

 

 

| | コメント (0)

きょうのごはん_0817

Img_1644

・きゅうりとごぼうの冷製ポタージュ

--
きゅうりだけ、またはかぼちゃだけのレシピで時々作っていたスープ(かぼちゃを使ったレシピは「森永ビヒダスヨーグルト」のHPに)。今回はきゅうりと、ほかにごぼうが余っていたので一緒に入れました。ヨーグルトだけで作ると若干、酸味が強いので、今回はヨーグルトの量を半分に減らし、かわりに生クリームを加えてみたところちょうどいい感じに。

作り方は超簡単で、薄切り玉ねぎをバターで炒める→小さめに切ったきゅうりとごぼうを加える→塩、ローリエを入れて水250mlで少し煮る→冷めたらヨーグルト、生クリームを加えてミキサーにかける、だけ。少量でも作れるので、野菜が半端に余ったときに便利。

--
マグカップは、昨日、友達に結婚祝いでもらいました。持ち手のデザインがかっこいい!

Img_1645
後ろ姿はこんな感じ

 
 

| | コメント (0)

たまむしいろ

Image244

決め手の、生麺「風」食感。
北京「流」 火鍋「風」麺

--
結局何なのか。
 
 
 

| | コメント (0)

政治的に正しくない

台湾で見つけた、すごい歯みがき粉。

Image208

「あなたも○○のような白い歯に!」 


 

| | コメント (0)

きょうのごはん_0816

Img_1635

根菜カレー(cf. 『からだの内側から美しくなる玄米と野菜のレシピ料理105品』)

--
例の微妙な筑前煮をカレーにリメイクしました。
2人暮らしだから、大量の煮物をそんなにすぐに食べきれないし。

作り方(大ざっぱに)は、玉ねぎをごま油で飴色に炒める→なすと鶏肉を軽く焼きつける*→残った煮物を加える*→カレー粉と小麦粉を投入→にんにくとしょうがのみじん切りを投入→トマト水煮缶を投入→しいたけの戻し汁と昆布のだし汁各2.5カップ加える→煮る→ウスターソース、しょうゆ等で味をととのえる、という感じ(*印はオリジナル)。前に本に載ってる通りのレシピで作ったことがあったけど、今回、残った煮物を使ってもおいしくできましたです。
 

 
 

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0815

Img_1632

・白飯
・さばの香り竜田揚げ(cf. 『ウー・ウェン流 おかず2品のお弁当』)
・野菜のグリル(なす、玉ねぎ、にんじん、しいたけ、しめじ)

--
またウー・ウェンさんに頼ってしまった。最近はウーさんが開発したフライパン鍋「ウー・ウェンパン」まで買いたくなっている始末。

竜田揚げ、とってもおいしかった! ただ、スーパーで間違えて骨付きの切り身を買ってきてしまったりと、完成までには失敗もありました。仕方がないので地味に1本1本骨を抜く。骨抜きがなかったので毛抜きで。あ、洗いましたよもちろん…(そういう問題じゃない)。竜田揚げ、やっぱり揚げたてがいちばんカリッとしておいしかったので、今度は家のごはんで作ろう(リピート決定)。

野菜のグリルは、意外と塩こしょう加減が難しい。もう一品が揚げ物だからさっぱりめに、と思ってたんだけど、結局オリーブ油を使っているので油with油なこんだてになってしまった。しかも見た目も美しくないし…。こういうシンプル料理は難しいですな。とりあえず来週はもうちょっとさっぱりめをめざそう。

--
[きょうの家事]
・朝ごはんを出す(残った煮物など)
・弁当をつくる
・明日のごはんの仕込み
・洗いものをする

 
 
 

| | コメント (2)

きょうのおべんとう_0814

Img_1631

・白飯
・春巻き(冷凍食品)
・筑前煮 feat. 卵茶巾(cf. COOKPAD「簡単筑前煮」)

--
茶色い…実に茶色いねぇ、うん。

まあもともと筑前煮が茶系の食べ物であることは間違いないですが、それにしたってこれほど茶色くはならんだろう。なぜこんなに茶色いかというと、それは私がしょうゆの分量を間違えて倍入れたからです。COOKPADには「大さじ5」と書いてあって、つまり15ml×5=75mlなんだけど、深夜でぼんやりしていたのか、なぜか頭の中には30ml×5=150mlの計算式が…。「えっ、こんなにしょうゆ入れるの?」と、疑問に思ったんだよねぇ。そう思ったなら、もう1回確かめればいいのに。

出来上がってびっくり、しょっぱくて食べられたもんじゃない。しかし昨日、深夜に帰宅してからわざわざ作った筑前煮。失敗したからって捨ててたまるものかー!というわけで、眠いのに泣く泣く新しいだし汁で煮直す。なんとか食べられるようにはなったものの、実に微妙な仕上がりになったわけです。冷凍春巻きがいちばんおいしかった

卵茶巾も難しい。もっと菜箸でガシガシ油揚げをこすらないといけなかったのか。それと、卵は直接油揚げの中に投入するのではなく、いったん器に割り入れてから油揚げに移すのだと学びました(作り終えた後に)。

--
[きょうの家事]
・朝ごはんをつくる(残りご飯のチャーハン、ゆで野菜、ぶどう)
・弁当をつくる
・仕事後、食材の買い出し
・明日の弁当の仕込み


 

| | コメント (0)

事務所の夏

お盆だからなのか、
事務所には自分のほかに誰もいなくて
外ではセミの鳴く声が響いていて
これはこれで、夏休みっぽい感じ…?


| | コメント (0)

猫に向かって

「コラー!」というと、
猫は振り返らず、
だんなが振り返る。
(何かやましいところが?)



| | コメント (2)

きょうのおべんとう_0813

Img_1628

・白飯
・豚肉と玉ねぎの黒酢いため(cf. 『ウー・ウェン流 おかず2品のお弁当』)
・えびととうがんのあんかけ(cf. キッコーマンHP

memo
えびは背わたを取るのがめんどい。
時間短縮のためにむきえびを買ってもよかったかも。
枝豆はお総菜コーナーにある、あらかじめゆでたものを購入。
ひと手間はぶけるし、量も多すぎずちょうどよかったので。

--
とうがんを料理するのは生まれて初めて。
なぜとうがんかというと、スーパーで97円で売ってたからです。安い!

追記:とうがん、弁当を食べるころにはちょっと酸味が。
ネットで検索したところ、同じことで悩む人がちらほらいました。
腐っているわけではなさそうなんだけど、なんでだろう。
いずれにしても弁当には向かねぇぇぇ。

--
ウー・ウェン流 おかず2品のお弁当』は
お弁当づくりに最高に役立っています。
おかずは2品でOK! 「すき間を埋めるおかず」は必要なし!
彩りとか栄養バランスとかこだわり過ぎなくてOK!
という、面倒くさがりにはすばらしい本です。

--
[きょうの家事]
・朝ごはんをつくる(パン、サラダ、スクランブルエッグ、桃)
・弁当をつくる
・洗濯
・仕事後、食材の買い出し
・明日の弁当の仕込み
・洗いもの


 

| | コメント (0)

きょうのおべんとう_0812

Img_1625_s

・桜えびのまぜご飯(cf. 『ウー・ウェン流 おかず2品のお弁当』)
・ポークのセサミソテー(cf. フジテレビ『ハピふる!』)
・ゆで温野菜

[きょうの家事]
・朝ごはんをつくる(パン、サラダ、ウインナー)
・弁当をつくる
・食器あらい
・洗濯物をたたむ
・仕事後、食材の買い出し
・明日のおべんとうの仕込み




| | コメント (0)

近所のヌシ。

Img_1622_s_3

近所のお家の猫さん。
いつも塀の上から通りを見下ろしてる。
近づいても逃げない貴重な子。
こちらの手が届かないのがわかっているから、余裕しゃくしゃく。



| | コメント (0)

だんなの実家に帰省。

だんなの実家に帰省してきたんですが、
お義母さんの料理がいつもいつも、本当においしいんです。

「料理したいけど忙しくて無理」
「だいたい共働きなのになんで私だけが料理を」

…とかまあ、普段はいろいろ愚痴を言っている私なのですが
やっぱり上手に料理できたらいいよな〜、と思い直す。

お義母さんの料理は、素材を生かしたものが多い。
刺身なら刺身、肉なら肉、野菜なら野菜、という感じで
一皿一皿はシンプルでわかりやすい。
かつ、全体としてバランスがよいのです。

無駄に手の込んだ料理を作るのではなく、
シンプルな料理を作るんだったら自分にもある程度はできるかも…。
というかシンプルでもいいから、頻繁に料理をした方がいいのかも…。
(手の込んだものを作ろうとすると時間かかる→やらなくなる)

そんなわけで今日は冷やし中華ラーメン。
なるべく自炊をがんばろう。(ってもう何度目の決意か)

Image242_4


| | コメント (0)

長岡の花火を見に行く。

18926669_1593196251s_2

ギャー、山火事!
早く逃げて〜!!

…ではなくて、新潟・長岡の花火大会に行ってきました。
上のは大ナイアガラを撮った(そしてブレた)写真。

「日本一」「とにかくすごい」と評判の長岡花火、
行きたいな〜と毎年思いながら、今年ようやく行けました。
金がないので高速バスで! 学生かよ。
三十路の体にはキツいものがありますな。

池袋から長岡ICのバス停で降りて、
そこからさらに路線バスで長岡駅周辺まで。

18926669_3137159335s_3 整理券がかわいい

花火まで時間があったので、とりあえずへぎそばを食う。

18926669_3798684293s_2 越後長岡 小嶋屋

18926669_2845759725s_3 考えることはみな同じ…で、行列

18926669_1387532913s_2 へぎそばと天ぷら

あまりそばそばしていなくてそうめんみたいに
あっさり、つるんとした食感。おいしかったです。

ここから花火会場まで、さらに1キロくらい歩く。

18926669_1850662423s_2 てくてくてく

18926669_959984389s_2 すごい人

18926669_2537399453s_2 日本一長い信濃川

さて、肝心の花火はでかかった! すごかった!
特に、来年放送予定のNHK大河ドラマ『天地人』をイメージした花火が圧巻。
なんでも主人公の直江兼続が長岡出身とのことで、
地域をあげてちょっとした天地人フィーバーがわき起こっている模様です。
赤・黄・緑と色とりどりの花火が、大河ドラマ風の勇ましい音楽に合わせて
次から次へと打ち上げられる。
同時に打ち上げられる花火の高さや位置を
少しずつずらしているところなど、ポジショニングもタイミングも完ぺきで
さながら夜空に描かれる戦国絵巻のようでした(うまいこと言ったつもり)。

この「天地人花火」は新潟日報社をはじめ、県内外の19社が
協賛して打ち上げたとのことで、なんかもう
偉い人たちが全員本気だしちゃったんですね、という感じ。

ちなみに毎回、花火が打ち上げられるたびに
協賛者(個人または会社)のメッセージが読み上げられるのですが、
とりわけ印象深かったのがオープニングの花火。

「大好きなお父さんの誕生日に、天国へ旅立っていったお母さん。
わたしたちが社会人になった姿や花嫁姿…もっともっと、見てほしかったな」

のっけから湿っぽい話題で会場、超しんみり!

あとは、中盤の解体工事の業者さんもなかなかでした。

「建物は壊しても、人のこころは壊しません」

…ってそれ当たり前でしょ。
人のこころを壊す解体業者って…。


18926669_3815861106s_3

18926669_2849601200s_3 18926669_389702997s_2


| | コメント (0)

トップページ | 2008年9月 »