« 朝ごはん_0117 | トップページ | 密室に残された怪文書 »

『ダークナイト』(The Dark Knight/2008年・米)

 『ダークナイト』をDVD鑑賞。夫が劇場公開時に見ていたので、話はいろいろ聞いておりました。きっと迫力ある音と映像で観る者を恐怖のズンドコに突き落とすような映画なのだろう。ならばこちらも「きゃー怖い!」「イヤー!」などと、やいのやいの言いながら見よう。そんなふうに思っていたわけです。

 …が! 実際見てみたら、情報量の多さにあっという間に置いてきぼりにされました。登場人物のキャラクターと人間関係を把握する間もなく、次々と大惨事が起きていく。しかも事件の一つ一つにさまざまな伏線や罠が仕掛けられているので、「えっと、あの時のアレがつまりはこういうことで…」とか何とか考えているうちに、いつの間にか場面は次の事件に移ってしまっているという。

 で、全部見終えて私は思った。これは、バットマンの世界観を多少なりとも理解している人こそが楽しめる映画なのではないかと。「バットマン=コウモリ男」「ジョーカー=悪い人」ぐらいの予備知識しか持たない私が一度見ただけで楽しむのは、到底無理な話に違いない。ま、負け惜しみなんかじゃないぞ!

 そもそも、ストーリー(物語の流れ)自体は、あんまり重要じゃない気がする。それよりも、原作の世界観がどんな風に描かれているかを味わう方が楽しいんじゃないかしら。だから、流れを追おうと必死になっていると、この映画のホントに面白い部分が味わえないまま終わってしまうのではないかと思いました。(単に理解力がないせい、という気もするが…)
 
 そんなわけで、あともう1回見たら面白いかもな〜、と思いつつ、次回はいつになることやら…。

■おまけ
印象に残ったせりふ。ビルの高層階からレイチェルを落とそうとするジョーカーと、彼女を助けようとするバットマンのやりとり。

バットマン: Let her go! (彼女を離せ!)
ジョーカー: Such poor choice of words...(お粗末な言い草だこと…)

字幕では、ジョーカーのせりふは「お望み通りに」のようになっていた気がする。ジョーカーが手を離したらレイチェルは真っ逆さまなわけですから、確かにpoor choice of wordsなのであった。

 
 

|

« 朝ごはん_0117 | トップページ | 密室に残された怪文書 »

11: 映画・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

おひさー。

とりあえずこの前作の、Batman Beginsを見たほうがいいよ。分かりやすい。でも難しいよねダークナイト。。英語字幕じゃ役に立たないよ。

投稿: asa | 2009年1月24日 (土) 18時01分

やっぱりビギンズ見た方がいいのね!
夫が「見なくていいよ」と言ってたけど騙された…。
難しかった…。
私、英語じゃ全然わからないと思う!

投稿: ayacco | 2009年1月28日 (水) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝ごはん_0117 | トップページ | 密室に残された怪文書 »