« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

家庭内順位

夫がなかなか起きてこない場合
 →「ちょっと、いつまで寝てんの!? 早く仕事行きなよ!」

 

猫がなかなか起きてこない場合
 →「ねねたん、大丈夫? 具合悪いの?」(といって撫でさする)
 
 
 
……いやあ、だってほら、猫は具合悪くても喋れないし。

 
 
 

| | コメント (2)

汚い話

 自分の「女子度」が低いことは常日ごろから承知しているのですが、それでも、人に不快感を与えない程度には身だしなみに気を遣っているつもりでした。モテるかモテないかでいえば、そりゃモテる方がよいし。

 

 しかし、よくよく考えてみれば、半年間に1度も美容院に行かなかったこともある。それも去年、つまりごく最近の話。いくら普段は髪をまとめていて、伸びてもあまり困らないとはいえ、妙齢の女子が髪の手入れもせずにただ伸びるに任せる、というのは「汚ギャル」の一歩手前と言われても反論できないのではないだろうか。いや、ギャルじゃないから「汚オバ」か…? それは痛い! 本当に痛い!

 

 ……というようなことを、先日、4か月ぶりに行った美容院で思ったわけです。今後はもっと頻繁に美容院に行こうではないか。反省。

 

 さて、多くの人がそうであるように、私も美容院でのシャンプーをとても楽しみにしています。楽しみなあまり、美容院に行く前日にはシャンプーを控えます。だって、後ですぐ洗ってもらうのに自分で洗ってしまっては、なんだかもったいないじゃないですか。せっかくだから、汚い髪を、プロの美容師さんの手で美しく洗い上げてほしいじゃないですか。

 

 しかし今は、じめじめした梅雨の時期。しかも、私の髪はだいぶ伸びている。そして量が多い。つまり、たった1日洗わないだけでも、ちょっともわっとした香りがする……ときがある。だから今回、美容院に行く前には、自分の中で「髪を洗うべきか、否か」という葛藤がありました。そして悩みに悩んだ末、いつもどおり、髪を洗わないまま美容院に向かうことにしたのです。まあ、どっちにしても美容院に着いたらまずシャンプーをしてもらうのだろうから、カットしてくれる美容師さんにとっても、それほど苦にはならないでしょう。

 

 そしたら驚いたね。だって美容師さん、シャンプーなしでドライカットを始めたんだもの。私のぼさぼさで、ボワボワで、ごわごわの汚髪(おがみ)に必死ではさみを入れ、整えていく美容師さん。ああ、そんな汚いものを触らせてごめん……。てか臭いよね……。

 

 永遠に続くかと思われた、地獄のカット時間。当の美容師さんにとっては、もっと地獄だったでありましょう。ようやくカットが終わり、シャンプー台へ案内されたとき、私は(おそらく美容師さんも)心底ほっとしたのでした。

 

 その後、「そろそろ夏だし」とかいう適当な理由で、数年ぶりにパーマをかけてもらいました。スタイルについて相談しているときに、美容師さんはこう言いました。

 

「多少重さを残して、落ち着いた大人の女風にしましょう。軽くしすぎると、若くなっちゃうので」

 

 ……あの、若くなったら、ダメ、なんですか? 上に「汚オバ」とか書きましたけど、本心ではまだまだ「汚ギャル」のつもりなのに。ちょうどその日、「いかにも主婦!」って感じの服を着てたからいけないのか? 今度はもっとギャルっぽい服を着て行ってやる。半年後になるかもしれないけど。

 

 てか、パーマ微妙。(髪が多いからうまくキマらない……)

 
 
 

| | コメント (3)

豚肉と大根葉の炒めもの

前にも書きました通り
おいしい野菜が手に入りまして、
その中においしい葉付き大根がありましたので
こんなのを作ってみました。

 

豚肉と大根葉の炒めもの(レシピはクックパッドより)

Img_3856

 

っかー、これは旨い! 旨すぎる!
このままご飯の上にのっけて
どんぶりにして、わしわし食べました。
みんなも今すぐ葉付き大根を買ってこよう!

 
 
 

| | コメント (2)

Nasi Goreng

ピロシがマレーシアに行く前、
「いいなあ、私もマレーシアのスーパーに行きたい!」と思った。
海外に行ったとき、何が楽しいって
現地のスーパーに行くことほど楽しいことはない。

 

そこで私の代わりにスーパーに行ってこい、と
ピロシに指令を出した。
スーパーでナシゴレンの素でも買ってこい、と。

 

そしたら本当にスーパーでいろいろ買ってきてくれたんだけど
ナシゴレンの素だけでも、何種類ものフレーバーがある。
うれしいが多い。
多いので、海外旅行好きの知人に1つあげた。

 

まあとにかく、そんなわけで今、家には
ナシゴレンの素がたくさんあるので、
先日ナシゴレンを作りましたよ。

 

Img_3863

 

おいしい野菜が手に入りましたので、
レタスときゅうりを添えて。
スープはレタスとニンニク入り。
なぜおいしい野菜が手に入ったのかというと
有機野菜の宅配をお試ししてみたからです。
この話はまた次回。
 

Img_3859

 

ナシゴレンに入れる卵を割ったら、双子だった。
なんかうれしい。
ちなみにこの日は結婚記念日の前日で、
「なんか縁起いいわね」と思ったんだけど
その後、フライパンに入れたときに
この卵たちは、黄身がぐちゃっと割れました。
…………。

 
 
 

| | コメント (0)

最近のおべんとう

一応、記録用に…。

Img_3630
・かんたんシューマイ
・エビと何かの和え物(←忘れた)

 

Img_3834
・タイ風からあげ
・ブロッコリーいため
・厚焼き玉子

石神井公園のお弁当の残り物です。
残り物ばんざい!

 

Img_3835
・ひき肉入りオムレツ
・小松菜としめじの炒めもの
・シューマイ(冷凍)

 

なんか手抜き弁当が多い!
それは忙しかったからだ!(誰に言い訳?)

 
 
  

| | コメント (0)

1st wedding anniversary

結婚して1年が経ちました。
早い…あっという間だ。
そして、「よくもったなあ」というのが正直な感想。
それぐらい、いろいろ衝突もあったわけです。
まあ引き続き頑張ってやっていきましょう。

 

さて、そんなわけで結婚記念日には、
式を挙げた高輪教会の礼拝へ。

 

その後、どこに行こうか?というのは結構迷ったのですが
天気は雨だし、「近くて、室内で楽しめるところ」が
よいということになりました。
で、しながわ水族館へ。
水族館マニアかよ。

 

ランチは最寄り駅の大森で、「スープカレーダイニング en」へ。
とっても美味でした。満足じゃ。

Img_3865

 

しながわ水族館は、家族連れであふれていました。
トンネル水槽は、一度行ってみたかった。
エイやらウミガメやらが頭上を泳ぎ抜けて大迫力!

 

Img_3870

Img_3868_2
イソギン。カラフルに撮れたので載せてみた

Img_3881
なんかデカい魚

Img_3887
ピラルク

Img_3898
サメ。顔こえー

 

ゴマフ(アザラシ)も見ました。かわいかった〜。
ゴマフって、なんか名字呼びすてみたいでいいですよね。
ゴマフ。

 

そのほか、イルカのショーなども見て満喫。
芸をするイルカ自体もすごいと思うけど、
それよりもどうやって芸を仕込んでいるのか気になる。
「輪をくぐったらエサをあげる」っていうシステムはわかるけど
そもそも「輪をくぐってね」という最初の指示は
どうやって与えるのだろうか。

 

その後、吉祥寺で家に必要な雑貨を
いくつか買った後、西荻窪へ。
ビストロ「サン・ル・スー」で食事をしました。

 

ここがもう、大変に美味しかったんですよ。
前菜の盛り合わせでいきなりノックダウン。
ふわふわのキッシュ、コクのあるスモークサーモン…。
 
 
メインには、ピロシは子羊、私はメバルを注文。
メバルは、パリパリに焦がした皮と
ふんわりジューシーな身とが絶妙にマッチ。
…ああ、語彙の乏しい料理レビューほど
みっともないものはないけど、とにかく美味しかったのだ!

Img_3912_2
メバルのグリエ

 

ちなみに夫には、記念に鼻毛カッターをプレゼントしました。
だってね、出てるんですよ!
この人は常に、鼻毛が!
しかも束になって!!

 
 
  

| | コメント (2)

マレーシアみやげ

先日、社員旅行でマレーシアに行ったピロシ。

行く前に
「土産買ってきてくれるんでしょうね」と
脅したら…。

もとい、
「お土産買ってきてね(はあと)」と
おねだりしたら。
 
買ってきてくれました。どっさりと。

 

Img_3848
どっ  さり

 

あまりに量が多いので
「誰かにあげるの?」と聞いたら
「いや、全部家のだよ」とのこと。
これも日ごろのジャイアニズムの賜物でしょうか。

 

Img_3846
変な顔ラーメン。美味しいけど辛い。

 

Img_3850

 
かわいいブローチも買ってきてくれました。
こういうの、うれしい。

 

マレーシアでは、ビーチでポン引きに遭遇したそうです。
17歳くらいのロシア人の女の子2人を紹介してくれたとか。
その時の誘い文句は
 

「ヤルのデキルよ〜」

 

うーん。
間違っているようで、合っているような。

 
 
 

| | コメント (0)

『ウエディング・ベル』

PUFFYの『ウエディング・ベル』がめちゃくちゃかわいくて痺れる。

 

元曲もよいです。

 

しかし、ニッコリ笑って「くたばっちまえ」とは、 
そこはかとなく女の狂気を感じさせる曲でもあります…。
(原曲の方がそれを感じる)
こういう女を敵に回しちゃいかんですよ。

 
 

| | コメント (2)

水族館つづき

いろいろありつつも、サンシャイン国際水族館に着いて
無事、水族を見ることができました。

 

実は私はサンシャインまで徒歩20分程度のところに
実家があったので、中学生のころは
休日といえばサンシャイン近辺をうろつくことが多かった。
意外と都会っ子だったんですね!
しかし縄張りが渋谷とかでなく池袋だったので
おしゃれセンスはまったく磨かれず。

 

ともかく、今となっては久しぶりの池袋。
久しぶりのサンシャイン。
水族館も、何度か来たことがあります。
昔は水槽に手を突っ込んでヒトデを直接触れるコーナーが
あったのに、今はそれがなくなっていて残念。
(触りたかったのか?)

 

ちなみにサンシャイン国際水族館は、
プチ動物園とプチ水族館がセットになった施設です。
どっちも中途半端…とか言わない!
まずは動物園から見物スタート。 
動物たちのだらしなさに萌えます。

 

Img_3777

だらしないウサギ。
 

Img_3780

だらしないマーラ(おしりにう○こ付き)。
 
 
Img_3784

箱に収まるマーラ。
 
 
Img_3799_2
 
マーラの正面顔。
 
 
Img_3791

アルマジロと…何だっけ?
とにかくみんな寝てます。
 

Img_3796

マンボウ。
 
「思ったより小さくない?」
「マンボウ小っせえなー」
 
…という声を何度も耳にしました。
訪れる人みなに「期待はずれ」の烙印を押されるマンボウ。
(実際、小さかった) 
 

Img_3805

ウツボ。超こええ。
 

Img_3815

カエル。
補色に成功しすぎ。
 

Img_3817

若い女子たちが
 
「交尾してるよ!キャー」
「そっとしといてあげようよ!」
 
とキャピキャピはしゃいでいましたが、
親子ガエルではないかと思われます。
おばさんはこんなことぐらいでは動じないの。
 

Img_3824

ヘビに関する説明です。
 
「舌を出し入れする理由だって!キャー」
 
…年甲斐もなくはしゃいでしまいました。

 

以上、水族館の写真でした。
ちなみにサンシャイン国際水族館は
2度も脱走したアリクイがいることでも有名ですが、
件のアリクイはというと、箱に入って眠っており
お尻しか見えませんでした。
脱走するわ尻向けるわ、サービス精神ゼロだな…。
 

いや、アリクイが人間にサービスしなきゃいけない
筋合いなんて、どこにもないですけど。 

 
 
 

| | コメント (0)

水族館に行くまでのはなし

石神井公園の後、サンシャイン国際水族館に向かった。
着いたのは17時。閉館は18時半。
なぜこんなに遅い時間に行ったのかというと
これには深いワケがありまして…。

 

私と夫は、基本的に私の方があちこち出かけたいタイプで
夫は「本と映画とインターネットさえあれば幸せ」というタイプ。
なので当然、どこかに出かけるときは
私が話を持ちかけ、私が計画することになる。

 

そして私はそれが常に不満。
本当は「男の人にどこかに連れて行ってもらいたい」のに、
その願いが叶わないなんて。
別にいつもとは言いません、たまにでいいんです。
たまにでいいから連れて行ってくれませんか。
 
 
さもなくば離婚。

 

…いや、たかがお出かけぐらいで大げさだけど
積もりに積もれば、やっぱり不満も大きくなるわけです。

 

で、この度ようやく水族館に連れて行ってもらえることになった。
せっかくだからちょっと遠出をして、
まだ行ったことのない葛西臨海水族館に行きたいと言った。
公園があるので、お弁当を持って行けば楽しかろうと思い
仕事が忙しい中、前日に食材をあれこれ買い込んで
夜のうちに下ごしらえをした。

 

それなのに夫は、目覚まし時計すらかけずに床に就いたのである。
午前中に出かけようと言っていたにもかかわらず!
こんなちょっとの約束さえ実現できないのか!!

 

その日、私はそれなりの時間に起きていましたが
もはや夫を起こす気力はなく。
ここでかわいらしく
「ねえ、早く起きてよーぅ。水族館行こうよー」
とでも言って夫を起こせばいいのでしょうが、
それでは「連れて行ってもらった」ことにならないのでは?

 

そんなわけで、夫が昼前に起きてくるや否や大げんか。
けんかというか、主に私が泣きわめき
夫を罵倒しただけですけど…。

 

いくつかの段階を経て大げんかも収束し、夫が
「正直、すまんかった。今からでも水族館に行こう」
とのたまいましたので、従うことにしました。
この時間から葛西は厳しいので、
近くの石神井公園でお弁当を食べて、
サンシャイン国際水族館に行くことになりました。

 

前置きが長くなったので、続きは次回。

 
 
 

| | コメント (10)

ベランダの訪問客

ベランダに置いたプランターの
枯れてしまった葉っぱをチョキチョキ切っていたら
急にこんなのが出てきたのでおどろいた、おどろいた。

 

Img_3842
「こんちは〜」

 

↑こんなの。
虫がニガテなので、あまりのことに
しばらく固まって動けなくなってしまったよ。

 

それにしても、アオムシくんはどこから来たのかなあ?
プランターといっても最近置き始めたばかりだし
ベランダにほかに緑はまったくないのに。
チョウチョが飛んできて卵を産んだのかしら?

 

追記:
チョウじゃなくてガの幼虫のアオムシもたくさんいるみたい。
ぎょえ〜。ガはちょっと、ガは…。

 
 
 

| | コメント (0)

LOST in BAILEY'S

というわけで本日からピロシはマレーシア。
火曜日に帰ってくるようです。

 

せっかくなので、友達と遊びに出かけたり
何なら友達を家に招いたりしちゃおうかなーと
思ってたんだけどねー。
仕事がたまりにたまっておるので致し方ない。

 

とりあえず本日のタスク終了したところで、
ベイリーズのミルク割りを飲みつつ『LOST』のDVD鑑賞。
ムフー。

Img_3844

 
 

| | コメント (0)

石神井公園

先日、お弁当を持って石神井公園に行きました。

Img_3756


 

お弁当のメニューは

・タイ風からあげ
・野菜のグリル
・厚焼き玉子
・エビとアボカドのわさびソースあえ
・ブロッコリーいため

Img_3760

 

この日は久しぶりにいい天気。
ここのところ雨続きだったせいか、
石神井公園の池にはボートで遊ぶ家族連れがいっぱい。

 

(父と娘の乗ったボートを見て)

私 「きっと、月に1度の娘との面会日なんじゃない?」
夫 「やめなさいって…」

 

こんな具合に彼らを観察しつつ、
彼らにコメントしつつ、弁当を食う。
イヤな会だなオイ。

 

しかし、見ているとボートに乗りたくてたまらなくなってきます。
この日は水族館に行く予定だったのであきらめましたが、
次回はぜったい乗る!!

 
 
 

| | コメント (0)

最近のごはん

Img_3656
・ご飯
・みそ汁
・さわらのキャベツ煮
・かぼちゃの炒め煮
・厚揚げの煮込み

 
 

下の3つはいずれもピロシ作。

Img_3658
・ご飯
・すりごま風味のみそ汁
・イカとじゃがいもの煮物
・タイ風イカサラダ
・レンジ肉豆腐
 
 
Img_3831
・ご飯
・みそ汁
・麻婆なす
・えびとアボカドのわさびソースあえ
 
 
25946798_920471430
・ご飯
・ゆで鶏とねぎの熱々ごま油がけ
・豚肉のナンプラー炒め
・豚にら鍋仕立て
 
 

最近は週末によく料理してくれるようになって
なんだか当たり前のように感じつつあったけど
よく考えたら、以前は料理経験ほとんどゼロに等しかったんですよ!
それが短期間でここまで作れるようになるのって、結構すごいよなー。
もっと褒めてやってもよいのかもしれん。

 
 
 

| | コメント (2)

ところ変われば in 中国<イヌ鍋編>

「中国ではイヌを食べるらしい」
「まあ、なんて野蛮なのかしら!」

 

…という会話は、時折どこかで耳にしたような気がしますが。
この度のアモイ旅行で、真偽のほどが明らかになりました。

 

中国人女子・Yちゃん:

「イヌ、もちろん食べるよ。
 とくに冬はイヌ鍋が最高! あったまるんだよねー♪」

 

やっぱり食べるのか(笑。
Yちゃんによれば、小さいイヌはおいしくなく、
柴犬タイプの、大きめの身が締まったイヌがおいしいらしい。

「ほら、ああいうのがおいしいんだよ!」

と教えてくれました。

 

今回の中国旅行ではカエルを食べましたが、
次回はもしやイヌ鍋にチャレンジしてしまうんだろうか…ドキドキ。

 
 
 

| | コメント (2)

社員旅行DEマレーシア

夫の会社が、社員旅行でマレーシアに行くという。

 

マレーシア。
行ったことないなー。
いいなー。行きたいなー。
…と思った。

 

と同時に、
「出版不況が叫ばれて久しい昨今
なんでまた社員旅行、しかも海外に!?
まさか最後に一花咲かせて散るつもりなんじゃ…」
…とも思った。

 

さておき、会社から旅程表が配られたというので
見せてもらいました。
もともと4日間と短めの旅行ではあるのですが、
日程を見てあたしゃ驚いたね。

 

【2泊4日(機中1泊)】

 

機中泊て!
どこの弾丸ツアーだよ!
しかも4日目は午前7時に成田に着き、
そのままみんなで出勤するらしい。
地獄のツアーだな…ゴクリ。

 

しかも成田集合、成田解散。
社員旅行ってそんなもん?
どこかターミナル駅で待ち合わせたりとかはしないのか?

 

ちなみに旅行会社はH.I.S。
ツアー名の冒頭には【売切御免】とありました。
超格安ツアーってことですね。
いろいろ笑かしてもらいましたが、
やっぱりリゾートホテルに泊まれるだけでも
ちょっとうらやましいのであった。

 
 
 

| | コメント (0)

人生画力対決@ロフトプラスワン

土曜日、西原理恵子の「人生画力対決」を見に
ロフトプラスワンに行ってきました。
サイバラがプロの漫画家に挑戦状を叩きつけ、
記憶のみを頼りに出されたお題どおりの絵を描く、というイベントです。
 

今回のゲストは、第1部がちばてつや先生、
第2部がとがしやすたか先生。
 

一般的な反応としては、
「『あしたのジョー』は心のバイブルだ!
 …で、とがしやすたかって誰?」
ってな感じだと思うのですが、なぜか私は
ちば先生の作品は読んだことがなく(知ってはいるが)、
反対にとがし先生の『竹田副部長』が家にあるという。
ていうかこの本、いつから、なぜ家にあるんだろう。
(とがし先生は『HUNTER×HUNTER』の冨樫先生と間違われて
 親せきにサインをねだられたりと、いろいろ大変らしい)
 

で、今回のイベントは同じくサイバラ好きのjunさんと行きまして。
18時開場、19時開演だったので、早々に会場入りして
互いの夫の愚行をサカナに飲もうぜ!という計画だったのですが。
18時に会場につくと、すでに結構な行列。
チケット番号が後ろの方だったので、早く行ったにもかかわらず
私らが入った時にはすでに8割方、客席が埋まっていました。
すごいな、サイバラ人気…。
 

ビールなど飲みつつjunさんと夫の愚(rについて
ひとしきり話しているうちに、時間がきていよいよイベント開始。
 

サイバラ、肌きれーい。つるつる。かわいー。少女みたい!
御年70歳のちば先生も、同じくお肌つるつる。笑顔がかわいー。
サイバラの編集者として有名な八巻氏も来てました。
思ってたより若々しい! オッサンじゃなくてニーチャンだ。
なんか全体的にみんな若いぞ。
 

そして冒頭、サイバラからアナウンスが。
 

高須のかっちゃんが、会場の皆さん全員に
 ビール1杯おごってくれます!」
 

いきなり最高潮に盛り上がる客席。
すげー、かっちゃん、すげー。
ご本人も登場して、当然ヤンヤヤンヤの大歓声でした。
こちらも若(r
 

肝心の画力対決は、期待以上の面白さ。
あの大御所・ちば先生が描くサザエさん(全然にてない)が
妙にいやらしく、いかにも不倫してそうな感じだったり。
とがし先生の描くケンシロウが、加藤鷹にしか見えなかったり。
 
 
ちば先生のつきそい?で、高井研一郎先生も来ており
急きょ対決に参戦したのですが、高井先生のサザエさん、
ニワトリにしか見えません。
 
 
そんなイベントの模様は『ビッグコミックスペリオール』に
掲載されるらしいので、みんな要チェックだ!
今後もT・Y先生とか、新婚S・Y&R・I夫妻とか、
まさによだれもののラインナップ…じゅる。
 
 
それにしても、このイベントがこんなに面白いのって
「画力対決」そのものの面白さもあるけど、
それよりサイバラの人としての魅力が大きい。月並みだけど。
老いも若きも男も女も、サイバラのとりこになっちゃう。
特に今日、舞台に出ていた男性ゲストは
みんなサイバラにメロメロの様子でした。
 
 
そういや、イベントの最後に八巻氏がエキサイトして
巨匠・URSWNOK先生の悪口いいまくってたのがウケました。
あと、チケット番号69番の人には、
かっちゃんからのプレゼントとして「包茎治療無料券」が
贈られてました。当たった人は女性だったんだけど、
「女性の割礼にも使えます」とのこと。
 
 

--
「どーせくわえるんだったら、
 デキる先輩のち○こくわえときゃいーのよ!
 そうすりゃ、仕事のスキルとかどんどん学べるんだから」

 

この日、サイバラが言っていた大事な教訓。
生涯のモットーとさせていただきます。

 
 
 

| | コメント (0)

天すけはこちら

今日はびっくりするほど「天すけ」の検索で
このブログにたどり着いた方が多いので
何だろうと思ったら、夕方のTVニュースで取り上げられたみたい。

きっと今週末は行列だなー。
あんまり混まないでほしい!…なんて、わがままな願いですな。

 
 
 

| | コメント (0)

ある日の会話

私 「あーたさぁ、ここ2年、新しい服1着も買ってなくない…?」

夫 「そう言えばそうやな。だって俺、センスないやろ?」

私 「でもさ、私と付き合う前は自分で服買ってたんでしょ?」

夫 「まあ、そうやな。でも、俺にとって服買いに行くのって1日仕事やねん」

私 「なんで?」

夫 「道に迷うから(キッパリ)」

私 「……………」

夫 「それに、一人で店に入るの怖いし」

私 「えっ、なんで!?」

夫 「ちゃんと買えるかな、って…」

私 「…ここ日本なんですけど」

夫 「あと、俺が入って店の空気的に大丈夫なのか、とか…」

私 「……………」

 
 

まあ、確かに夫はかなり挙動不審で
犯罪者っぽく見えるときもあるのですが(ひどい)、
別に、店に足を踏み入れたとたん
その場の空気が凍りつくようなブサメンではない。
なのに、なんだこの自信のなさ加減。
だいたい、基本、他人と目合わせないしな…。

 
 
 

| | コメント (0)

最近のごはん

最近、平日は全然料理してない…。
ここ数週間の週末のごはん。

Img_3629

・かんたんシューマイ
・キャベツとイカのねぎ味噌あえ
・ホウレンソウのごま和え(ピロシ作)
・カブの浅漬け(ピロシ作)
・野菜みそ汁(ピロシ作)

 

Img_3657

(※すべてピロシ作)
・イカとジャガイモの煮物
・タイ風イカサラダ
・レンジ肉豆腐
・ナスのごま味噌汁
 
 
最近、終電で仕事から帰ってきたピロシに
マッサージさせたり、コンビニにパシリに行かせたり
たまの休みに料理させたりと、鬼嫁ぶりに拍車がかかっています。

 

Img_3632

おまけ:ごまのパンナコッタ
 
かんたんだからおいしい! お菓子』に載ってたレシピ。
なんだこれー! 超うめー!
黒みつでいただきます。

 
 
 

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »