« 水族館に行くまでのはなし | トップページ | 『ウエディング・ベル』 »

水族館つづき

いろいろありつつも、サンシャイン国際水族館に着いて
無事、水族を見ることができました。

 

実は私はサンシャインまで徒歩20分程度のところに
実家があったので、中学生のころは
休日といえばサンシャイン近辺をうろつくことが多かった。
意外と都会っ子だったんですね!
しかし縄張りが渋谷とかでなく池袋だったので
おしゃれセンスはまったく磨かれず。

 

ともかく、今となっては久しぶりの池袋。
久しぶりのサンシャイン。
水族館も、何度か来たことがあります。
昔は水槽に手を突っ込んでヒトデを直接触れるコーナーが
あったのに、今はそれがなくなっていて残念。
(触りたかったのか?)

 

ちなみにサンシャイン国際水族館は、
プチ動物園とプチ水族館がセットになった施設です。
どっちも中途半端…とか言わない!
まずは動物園から見物スタート。 
動物たちのだらしなさに萌えます。

 

Img_3777

だらしないウサギ。
 

Img_3780

だらしないマーラ(おしりにう○こ付き)。
 
 
Img_3784

箱に収まるマーラ。
 
 
Img_3799_2
 
マーラの正面顔。
 
 
Img_3791

アルマジロと…何だっけ?
とにかくみんな寝てます。
 

Img_3796

マンボウ。
 
「思ったより小さくない?」
「マンボウ小っせえなー」
 
…という声を何度も耳にしました。
訪れる人みなに「期待はずれ」の烙印を押されるマンボウ。
(実際、小さかった) 
 

Img_3805

ウツボ。超こええ。
 

Img_3815

カエル。
補色に成功しすぎ。
 

Img_3817

若い女子たちが
 
「交尾してるよ!キャー」
「そっとしといてあげようよ!」
 
とキャピキャピはしゃいでいましたが、
親子ガエルではないかと思われます。
おばさんはこんなことぐらいでは動じないの。
 

Img_3824

ヘビに関する説明です。
 
「舌を出し入れする理由だって!キャー」
 
…年甲斐もなくはしゃいでしまいました。

 

以上、水族館の写真でした。
ちなみにサンシャイン国際水族館は
2度も脱走したアリクイがいることでも有名ですが、
件のアリクイはというと、箱に入って眠っており
お尻しか見えませんでした。
脱走するわ尻向けるわ、サービス精神ゼロだな…。
 

いや、アリクイが人間にサービスしなきゃいけない
筋合いなんて、どこにもないですけど。 

 
 
 

|

« 水族館に行くまでのはなし | トップページ | 『ウエディング・ベル』 »

02: おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水族館に行くまでのはなし | トップページ | 『ウエディング・ベル』 »