« 光代さんたちがかわいい | トップページ | 香港のホテル決定 »

日本語と英語のあいだ

※語学の話を長ったらしく書いているので、ご興味のある人だけお読みくだされ。

 

 中国語会話に通い始めてから半年が過ぎました。最近はますます面白いです。とにかく何をやっても飽きっぽい私なので、楽しいことじゃないと続かないのですが、どうやら中国語は楽しいようです。(飽きないことを祈る……)

 

 さておき、最近私が苦労しているのが語順。中国語の語順は「日本語と違っているから」難しいなあ、なんて思っていたんですが、実はそうじゃないことに気づいた。中国語の語順は「英語と違っているから」難しいのだ! 第三言語を学ぶ人が、第二言語とごっちゃになって混乱してしまうという話はよく聞いていたけど、これがそれなのかっ……!

 

 例えば、「私は学校へ行きます」という文。

 

英→ I go to school.(私は+行く+学校へ)
中→我去学校。(私は+行く+学校へ)
★英語と中国語で語順が同じ。

 

 ここまでは、英語と中国語で語順が同じなんですよ。だから「中国語って、発音は難しいけど文法は簡単じゃん〜」と思ってました。
 
 
 ところが。これが「明日、私は学校へ行きます」だとこうなる。 
 

英→ I'll go to school tomorrow.(私は+行く+学校へ+いつ
中→明天我去学校。(いつ+私は+行く+学校へ)
★英語と中国語で語順が異なる。

 

 ここで語順が微妙に変わるのですよ! 中国語では、基本、[いつ]が文の頭にくる。でも、中国語も英語も「外国語」だから同じように考えてしまって、つい「我去学校明天(私は+行く+学校へ+いつ)」とやりたくなってしまう。

 

 まあ、さすがに「[いつ]が文の頭に来る」っていうルールにはだいぶ慣れてきた。実は、このルールだけを考えれば日本語の語順と同じなんだよね。日本語だって、「私は学校へ行きます、明日」とは言わないもの(もちろん、これでも通じますが)。

 

 ところが、ここでさらに落とし穴があって。中国語では、時間を表す言葉が何でもかんでも文頭にくるってわけじゃないらしい。明天(明日)みたいに、明確な[時点]を表す言葉は文頭にくるけど、[期間]を表す場合は動詞の後にくる(模様、たぶん)。

 

 つまり、「私は3日間、上海に滞在します」の場合は、「3日間」が文頭にくるのではなくて、動詞の後ろにくるんですって。

 

○ 我在上海停留三天。(私は+上海に+滞在します+3日間
   →英語も I'll stay in Shanghai for three days. で、[期間]が最後。
× 三天我在上海停留。(3日間+私は+上海に+滞在します)

 

 一方、時間に関する語以外に目を向けると、英語とかなり似た構造の表現なんかもあって面白い。たとえば、「私は何も予定がありません」という文。

 

英→ I don't have any plans.
中→我没有什么安排。

 

 [don't(否定)+any]=何もない、というルールが、[没有(否定)+什么]=何もない、というルールとそっくりそのまま合致している。これは面白い!
 
 
 もう一つ、「なんでそれを知ってるの?」という疑問文。これも、why(为什么)じゃなくてhow( 怎么)を使った表現である点が共通してます。
 
 

英→ How do you know (that)?
中→你怎么知道了?

 
 

 そんなわけで、中国語は「一部は日本語と同じで、一部は英語と同じ」という、日本語と英語の中間のような文法なので、自分にとっては混乱しやすいんだと思われる。でも両者の共通点と違いを見つけていくのはかなり面白いです。

 
 
 

|

« 光代さんたちがかわいい | トップページ | 香港のホテル決定 »

05: 日々の生活」カテゴリの記事

コメント

大して勉強していないのに外国語大好きな人間がやってきましたよー(笑)
中国語は、じんましんが出るほど遠慮したい語学だけど、
(発音も語順も何もかもが難しそうなので…)
こうやって見てるとやっぱり面白いですねー!!!

韓国語もほっとんど日本語と語順が一緒だし、同じ発音の言葉もたくさんあるから、
取りかかりやすいと思いきや、いろんなところで落とし穴がたっくさんあります。。

私たち、明日何する?
내일 어떻게 해 우리?(明日 何する 私たち?)

"私"のみの場合は日本語同様、一番最初にきますが、
"私たち"のときのみ、一番最後に語順が周ります。

こういうのを発見したときに、面白い!と思いつつ若干やる気が失せます…(笑)

投稿: おこ | 2010年4月12日 (月) 12時37分

鼓掌!!!(*^ω^*)ノ彡

投稿: 叶 | 2010年4月12日 (月) 12時41分

オコさん

>中国語は、じんましんが出るほど遠慮したい語学

わはは。たしかに発音、難しいですよねー!

>"私"のみの場合は日本語同様、一番最初にきますが、
>"私たち"のときのみ、一番最後に語順が周ります。

えー!
なぜ、そんな微妙な違いがあるんですかね…。
どっちでもいいじゃん!と思っちゃいます。

しかし日本語も相当難しいんでしょうね、きっと。
日本語話せる外国人の皆さんを尊敬しますわ…。

投稿: ayacco | 2010年4月12日 (月) 21時44分

小叶子

谢谢good

投稿: ayacco | 2010年4月12日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光代さんたちがかわいい | トップページ | 香港のホテル決定 »