« 香港3日め・前半 | トップページ | 歌舞伎町にて »

徒労感

パスポートの更新時期がやってきた。
5年前に、5年用のパスポートを発行しているので
この時期の更新は自然のことはりである。
 
 
いきなり余談ですが、前回、
なぜ「10年用」でなく「5年用」を申請したかというと
「結婚して名字が変わるなら、5年用の方がいいよ」
という、風の噂を耳にしたからである。
よく考えれば、姓が変わったら変更手続きをすればいいだけなので
大して根拠もない噂だったのだが、まあ一応、
私は予定どおり(?)この5年間で姓が変わった。
姓が変わってからも2年間、意地になって
旧姓のパスポートを使い続けていて、
なんとなく後ろめたい気分でいたので、
今回、ようやく新姓に切り替えることができて一安心である。
 

本籍のある区役所で戸籍抄本をゲットし、
その足で都庁旅券課に向かう。
申請書類を書き終えたところで、
証明写真を撮ろうと隣接するスタジオに向かったのだが…。
 

白黒 :2枚 1,200円
カラー:2枚 1,500円

 

べらぼうに高いのである。
完全にぼったくりビジネスである。
旅券課の近くにあるからって、足下を見おってからに…。

 

カラー1,500円も払うのはあほらしすぎるので、
都庁を出て、近くのインスタント証明写真機を探した。
インターネッツを駆使したところ、大江戸線「都庁前」駅の
改札脇に1台あるというので、そこに向かった。
すぐには見つけられなくてうろうろしてしまい、
結局、旅券課に戻るまでに30分くらいかかった。
もうへとへとである。

 

さて、旅券課に戻って窓口に並ぼうとしたのだが…。
どうも、さっき撮った写真の写りが気になる。
ものすごく顔色が悪くて、表情もこわいし、
なんかオバサンみたいに見えるのである。
いや、実際そう見えてるのかもしれないけどさ!
今回は「10年用」を申請するつもりなので、
この写真を10年使い続けるとなると、気が重い。
旅行に行くたびに鬱になりそうである。
 

迷ったあげく、例の写真スタジオに向かった。
そして、カラー2枚1,500円の写真を頼んだ。
徒労感。
インスタント写真に費やした30分も500円も、ムダである。
くっ…!

 

写真はバイトのねーちゃんみたいな人が1カット撮っただけで終わり、
「高い割にたったの1カットで済ませるのかよ、解せねーな」と
心の中で悪態をついたが、仕上がりはインスタント写真よりよかった。
これでインスタント写真の方が写りがよかったら、
それはそれでちょっと面白かったかもしんない。
 

ちなみに「カラー2枚1,500円」はやはりみんな高いと感じるようで
私の後に来た男性も、店員さんとこんなやりとりをしていた。
 

男性「(1,500円という価格を見て)えっ、2枚だけなんですか…?」
店員「はい、ネガではないので1度につき2枚しかプリントできないんです」

 

そういうことを聞いてるんじゃないと思うけど…と思いながら聞いていると
男性は「そうですか…」と言って店を出て行った。
しかし、結局はあきらめたらしく、再び店に戻ってきた。
 

男性「カラーでお願いします」
店員「枚数は2枚ですが、大丈夫ですか?」
男性「はい」
店員「あと何枚か必要だったんですか?」
 

だーかーら、そういうことを言ってるんじゃねーべよ!
1,500円で2枚は高いって言ってんの!
よっぽど、横から口を出そうかと思った。

 

[おまけ]
飾り気のないスタジオの角に1体だけたたずんでいた、
恐ろしい風貌のミッキー。呪われそう。
…ていうかこれ、ミッキー?

Th_


|

« 香港3日め・前半 | トップページ | 歌舞伎町にて »

05: 日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香港3日め・前半 | トップページ | 歌舞伎町にて »