« 5年間のきろく | トップページ | 上海滞在記・2日め »

ロレンス

水曜レディースデー1000円だったので、映画を観に行ってきましたよ。
最近いろいろあって心が疲れていたので、気晴らしも兼ねて。
それにしても、もはや映画に1800円って払う気がしないな…。

 

見てきたのは『Sex and the City 2』。
ドラマの時からのファンである。
ただ今回は、4人のうち3人が結婚してしまっているので
やっぱり話が落ち着いているというか、
あまりはっちゃけてなくて物足りなかったな〜。

 

映画の中では、キャリーがある出来事をきっかけに
「夫婦関係の危機!?」と悩むんだけど、
独身時代の奔放なキャリーを知っているだけに
見ている方は、もはやそのくらいでは驚かないというか…。
観客としては、確かに共感しやすい出来事なんだけど
あの映画にそんな地味なリアルさはいらないのよ。
もっと徹底的に、あり得ないほどハジけて欲しいのよ!!

 

ところで、字幕クレジットは佐藤恵子さん。
今回の字幕でとびっきり面白かったやつを一つ。
砂漠で4人がお茶している場面で、
突然、サマンサ好みの男がジープをぶっ飛ばして現れる。
彼にときめいたサマンサがこう一言。
※カッコ内は私の注釈で、佐藤さんの訳ではありません。

 

"Lawrence of Arabia?"(アラビアのロレンス?)

 

有名な映画の主人公みたいにイケてる男ね、という意味である。

 

で、その後、彼との激しい一夜を期待したサマンサの
とんでもないオヤジギャグ(というかオバハンギャグ)が炸裂!

 

"Lawrence of My Labia?"(ラビアのロレンス?)

 

※labia(ラビア)の意味がわからない人は、
保健体育の先生に聞いてみよう!

 

この最低最悪のギャグを、佐藤さんは
こんな風に訳していた。

 

「ビラビラのロレンス?」

 

まさに名訳!

 
 

|

« 5年間のきろく | トップページ | 上海滞在記・2日め »

11: 映画・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5年間のきろく | トップページ | 上海滞在記・2日め »