« アモイ滞在記・4日め(6/27) | トップページ | 徒労感 »

香港3日め・前半

 アモイ・上海旅行記をちょっとお休みして、香港旅行の3日めについて書きますよ。この後の上海旅行記とも絡んでくるのでね…(ちょっとだけど)。
 

 3日目は朝、早起きしてフェリーに乗り、長州という小さな島に行く予定を組んでいた。この長州島では毎年5月、「饅頭祭り」という祭りが行われるのである。高く積み上げた「饅頭タワー」にヨーイドンでよじ登り、饅頭を集めて高得点を競うというイベントらしい。かつてはこのイベントで死者が出て、そのために数十年間、祭りが中止されたこともあったとか。まさに「饅頭こわい」を地でいく島なのである…。
 

 あいにく饅頭祭りが開催されるのは私たちが日本に帰国した後だったのですが、きっともう祭りの準備くらいは始まっているに違いないということで、祭りを数日後に控えた長州島を訪れることにしたのです。
 

 フェリーに乗る前にフレンチトーストを食うか食わないかがもとで夫婦喧嘩をし(詳しくは割愛)、険悪なムードのまま長州島に到着。一時休戦協定を結び、朝粥を食べてから観光へ繰り出しました。粥は、種類を間違えて変な豚の血の固まり?のような具入りを頼んでしまって、おいしくなかった…。

 

Th__mg_8912
豚の血入りおかゆ

Th__mg_8906
たらいから路上に飛び出たカブトガニ

Th__mg_8916
漁業の町・長州島

 

 歩き始めると、いきなり饅頭タワー発見! 学校のグラウンド?のような場所に、おもむろに立っているので拍子抜けした。ガタイのいい兄ちゃんたちが、本番に備えてぬかりなく練習をしているようだった。

 

Th__mg_8918
このタワーが饅頭(作り物)で覆われます
 
 
 饅頭タワーの裏手に回ると、お寺があって、その前で大量の饅頭を糸でつなげる作業が行われていた。濃いピンクで色づけされた「平安」の文字がかわゆい。
 

Th__mg_8921
まんじゅうを糸でつなげるおじさまたち

Th__mg_8930
これはタワー用ではない、本物の饅頭。ただしあんは入ってません

 

 寺まわりをひとしきり見学した後、路地を歩くと、饅頭ストラップが売られていたのでつい購入してしまった。饅頭を指さし、食べるジェスチャーをして「あの、山ほどある饅頭は食べられないのか?」と尋ねてみたところ、「あそこのお店で売ってるわよ」とおばちゃんが教えてくれた。買って食べてみたら、ふかふかの生地の中に上品な甘さのあんが入っていて、実にうまかったですよ。饅頭うまい。

 

Th__mg_8941

Th__mg_8945

Th__mg_8951
市場にいた、豚の丸焼き
 
 
 饅頭を頬張りながら、海沿いをてくてく散歩して、路地を歩いて、市場を見学してから、昼前のフェリーで香港に戻った。
 

Th__mg_8933

 
 
 

|

« アモイ滞在記・4日め(6/27) | トップページ | 徒労感 »

2010 香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アモイ滞在記・4日め(6/27) | トップページ | 徒労感 »