« 「世界ふれあい街歩き 厦門・コロンス島」再放送のお知らせ | トップページ | 不安に駆られる »

食い物に執着する

この間の連休に誕生日を迎えたのですが
今年はたまたま、前日に神戸への出張仕事が入ったので
ついでに一泊して、誕生日を神戸で過ごすことにしました。

 

神戸といえば、何といっても最近、気に入っているのが北野と栄町。
北野は、異人館やら何やらの歴史的建造物で有名な観光地だけど
やはり昔から異人さんたちが住んでいたというだけあって、
外国の文化がそこかしこにあふれているんですよね!
具体的には、各国料理店がズラリと並んでいるのよね!
どれもうまそう…。

 

その北野には、現存する日本最古のイスラム教寺院である
神戸モスクがあるというので、ぜひ見たいと思い行ってみた。
大々的に一般公開はしていないようなんだけど
タイミングが合えば見学させてもらえるらしく、
私たちもムスクの方にお願いして中に入れてもらえた。
男性は1階、女性は2階のみ見学できるというきまり。

 

Th__2_3

Th_
 
 
デジカメを持っていたのにすっかり忘れて
あいほんで撮ってしまいましたが、まあいいでしょう…。
 
 
見学の後、ムスクの方と少しお話しした。
このムスクは、空襲で神戸が焼け野原になったときも
震災で地域一帯が瓦礫の山と化したときも
見事に生き延びて今に至るのだという。
「奇跡としか言いようがない」
と、その方はおっしゃっていたけど、確かにそうだよねえ…。
建築の構造的に、何か残った要因があったのだろうか
なんて思ったりもしたけど、
そういうのは野暮な質問ってものですね。
 
 
ムスクの前にはハラール(イスラム教の食べ物)の
食料品店があって、クスクスとレンズ豆、
それと「チャイセット」なるものを買ってみた。
紅茶の茶葉と数種類のスパイスが、ちょこっとずつ入っている。
シナモンなんか、ただの木の皮だよ。皮。
シナモンスティックですらない衝撃!
 
 
それから、元町をブラブラした後
もう一つのアツい街、栄町へ向かった。
栄町というのは、中華街から道一本隔てたエリアで
(この辺が、神戸のすごいところ。歩いてどこにでも行ける)
昭和の時代からあるレトロなビルを利用して
今、オシャレな若者たちが雑貨店やらアクセサリー店やら
なんやかやとオシャレなショップを開いているという…。
そんな、大変オシャレなエリアなのである。
 
 
栄町を歩いて、オシャレ気分を味わった後
誕生日の夕飯に、カジュアルフレンチのお店に入った。
簡単なコースを頼んだんだけど、これがまた
どれもこれも美味しい料理ばかり…ハズレなし…!
もともと高級料理というものに縁がないので
きっと世の中にはもっと美味しい店が山ほどあるんでしょうけど
自分にとってここは、もうほんとパーフェクトに美味しかった。
  

で、美味しい料理に舌つづみを打ちつつ
ふと、時計を見ると、帰りの新幹線の時刻が迫っている。
残すは、コースの最後を飾るメイン料理と
デザート、コーヒーを残すのみ。
メインが運ばれてきたところで
「すみません、あと10分で店を出ないといけないんですけど…」
と、店のおかあさんに事情を説明しましたところ、
おかあさんはあんまりびっくりして「ええっ!?」と叫んでいた。
そりゃそうですよね。ホントすみません…。
 

「あと10分でしたら、もうデザートは無理ですよね…?」
と告げるおかあさんに
「いえっ!頑張って食べますから早く用意してください!」とゴリ押し。
だって、ここまでどの料理も美味しかったから
デザートもきっとすごく美味しいに違いないじゃないか。
事実、メインもデザートもすっごく美味しくて
ゆっくり味わえない自分を心底恨みましたね。
なんであと30分早く店に入らなかったのか、と!
 
 

Th_img_0239
鴨のロースト

Th_img_0241
あきらめず平らげたモンブラン

 

店を出て、やっとのことでつかまえたタクシーの運転手さんに
「急いでます!!」と伝え(一度やってみたかった)
運転手さんもはりきって走ってくれて、
なんとか新幹線の時間に間に合いました。
あー美味しかった。
さっきから「美味しかった」しか書いてないな…。



 

|

« 「世界ふれあい街歩き 厦門・コロンス島」再放送のお知らせ | トップページ | 不安に駆られる »

02: おでかけ」カテゴリの記事

コメント

(遅くなりましたが)誕生日、おめでとう!

投稿: アッキー | 2010年10月25日 (月) 07時23分

(遅くなりましたが)誕生日、ありがとう!

投稿: ayacco | 2010年11月12日 (金) 03時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「世界ふれあい街歩き 厦門・コロンス島」再放送のお知らせ | トップページ | 不安に駆られる »