« トルコ06 キリム屋でもめる | トップページ | トルコ08 痴漢でゴザール »

トルコ07 リフォームの匠

●2日目/イスタンブール

ムーミンのキリム屋を出て、すぐ近くに
行きたい観光スポットがあったので
怒りも覚めやらぬまま中に入った。ムカムカ。

 

その観光スポットとは「地下宮殿」で、
ガイドブックによれば、4〜6世紀に作られた
巨大な地下貯水池なのだそうな。

 

Th_img_6257

 

336本もの円柱がずらっと並んでいるんだけど、
じつはほかの神殿で余った建材や柱も使われているそうで
豪華なんだかみすぼらしいんだか、よくわからない。
でも見た目とってもきれいなので、
リフォームの匠がいたんだな、きっと。

 

Th_img_6260

 

この、柱の穴に親指を入れたまま
手首を一周させると願いがかなう、と言われていて
観光客はみんな苦労して手首を回しているんだけど
思い切ってトライしたら、簡単に回せちゃって拍子抜け。
それにしても最近、「健康」ぐらいしか願いたいことがない…。
(それ以外は自分でどうにかしようぜ、という気分)

 

Th_img_6264

 

こんなふうに柱の土台にされているメデューサの頭が2つある。
1つは横倒し、もう1つはなんと逆さま!
「皇帝が、メデューサと目が合うのを恐れたため」
とかなんとか言われているみたいだけど、実際はどうなんだろうね。
わたしもこの時はムーミンへの怒りで
メデューサなみに髪が逆立ってましたけどね!

 

ところで、出口から地下宮殿(の土産物屋)に
入ってきてしまった日本人男子に、警備員さんが

「ヘイ!サムライ!」

と大声で呼び掛けていた。
やっぱり日本男児はサムライなのだね。

 
 

|

« トルコ06 キリム屋でもめる | トップページ | トルコ08 痴漢でゴザール »

2010 トルコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トルコ06 キリム屋でもめる | トップページ | トルコ08 痴漢でゴザール »