« 2010年を振り返る | トップページ | 破産の危機 »

騙されたおっちゃん

正月、夫の実家(兵庫県)に帰省してきた。
新幹線に乗っていたら、名古屋を過ぎたあたりだったか
一面に雪が積もっていてびっくらこいただよ。
実家の最寄り駅で降りたら、軽く吹雪だった。
東京はあったかいんだべなぁ。
 

2日は夫の親戚宅に一同が集まる日。(盆と正月に必ず集まる)
お年玉用のポチ袋が足りなくなりそうだったので、
道中、購入しようとコンビニに立ち寄った。
したらば、レジ前でおっちゃんと店員がもめている。
というより、おっちゃんが店員に一方的に難癖をつけている。

 

しばらく耳を傾けてみると、どうやらおっちゃんは
新年明けて楽しみにしていた日刊ゲンダイを買ったのだが
家に帰って新聞を開いてみたら大みそかの号で
なんでお前とこの店はこないな古いモン売ってんねん!
…ということらしかった。

 

おっちゃんは関西弁でねちっこく、延々と難癖をつけていた。

 

「ワシは日刊ゲンダイ大好きやねん!」
「お前とこの店がワシのこと騙したいうことや!」

 

…などなど。
大阪のおっちゃんはやっぱりすごいなあ。
難癖も、関西弁だとどことなくコミカルである。
新年早々、ひたすら怒られ続けていた2人の店員さんは
気の毒であったが、それすら新喜劇のように見えなくもない。

 
 

|

« 2010年を振り返る | トップページ | 破産の危機 »

05: 日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年を振り返る | トップページ | 破産の危機 »