« 地震が起きたとき | トップページ | オバチャンの愚痴 »

英二との数時間

週末、なりゆきで中央線界隈の物件を見に行くことになった。
と言っても、そんなに真剣に引っ越しを検討してるわけでもないんだけど…。
そもそもこのご時世、果たしてこのまま東京に
腰を落ち着けていいのかどうかもわからないんだけど…。
 

たまたま入った不動産屋に聞いたら、
やっぱり、同じような不安(東京に腰を落ち着けていいのか)を
感じている人が多いのか、「引っ越しシーズンなのに暇!」ということだった。
暇というだけあって、飛び入りの私たちにも丁寧に対応してくれた。

 

いえね、今の家にはそんなに不満はないのですよ。
2年半前、チョー成り行きでこの家に引っ越してしまって
最初は「どうだろう…」と不安でいっぱいだったものの
思ったより間取りも悪くなくて、広さも十分だし、割と好きなんですよね。
でも、家はよくても、町に愛着が持てなくてねぇ…。
やっぱり中央線に戻りたいのよねぇ。
 
 
そう思う一方で、中央線の物件を探すとなると
今より条件が悪くなるか、家賃が高くなるかのどちらかなので
だったら今のままでいいのかなあ〜と迷ったり。
 

ともかく、その日は板東英二そっくりの営業マンが対応してくれて
彼の運転で、高円寺と西荻窪の物件を見に行った。
だいたいからして、私は不動産屋全般にいいイメージを持っていなくて
あいつら、「早く決めた方がいいですよ」ってせかしてきやがるばっかりだ!
ペット可物件で、条件が悪いからって足元みやがって…。
 

…と、この日も斜に構えていたのですけど
板東英二は、珍しく「せかすタイプの不動産屋」ではないらしく
「すぐには見つからないと思いますんで、
3か月とか、長い目でお付き合いいただければ」と言った。
うむ、好感が持てるぞ。

 

「今はどこの不動産屋も、ネットワーク上で物件を共有しているので
あとはどこの不動産屋で契約するかっていう話なんですよね。
ですから、今日、これから物件を見に行く中で
私の人柄なんかも見ていただいて、それで決めていただければ…」
 

板東英二はこうも言っていたが、
数時間、一緒に過ごして分かったことは
彼はチョット性格悪いかも…ということだった。
でも仕事自体はちゃんとやってくれそうだから、別にいいや。

 

ていうかホントに引っ越しするのかなー。
(あまりやる気なし)

 
 

|

« 地震が起きたとき | トップページ | オバチャンの愚痴 »

05: 日々の生活」カテゴリの記事

コメント

「高円寺と西荻窪の物件を見に行った。」と見た時、めっちゃ嬉しかった!

近くなってよかった!と思っていましたから。

投稿: 叶 | 2011年3月30日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震が起きたとき | トップページ | オバチャンの愚痴 »