« コバエが激・取れた | トップページ | 北京4日め・ラム組合 »

イソップ的な

毎月担当しているレギュラーのお仕事で、
1か月に1回、すでに録音している音声を短くして
その編集を音声担当の人にお願いするというものがある。
その時々にもよるけど、だいたい3時間くらいかかる。

 

ほんで、私は明日、取材で京都に行くのですが
朝、めっちゃ早い時間に起きなければいけないので
今日は早く寝たいわけなんですね。寝ないとやばいんですね。
できたら夜12時には寝たい。
 

だけどさ、夜10時半を回ったところで、
来月号の音声編集を明日までにやらないといけないことを
思い出しちまったわけですよ…!
ああ、思い出さなければよかった。
音声の編集して、寝るの2時くらいになっちゃうかなあ。
 

そんな暗澹たる気持ちで、
パソコンの中に入ってる該当フォルダを開いてみたらですね。
なんと!
来月号の分を編集したファイルが、
すでにそこに鎮座ましましているではありませんか…!

 

思い起こせば1か月前。
同じように、次の月の音声編集作業をしていた私は
ひととおり終わったところで、ふと
「来月は8月号だから、別のトピックの方がいいかも」と
思いついてしまった。
トピックはいくつかあって、毎月、適当なものを選んでるのです。
 

別に、今のままのトピックでも問題はない。
誰に怒られるわけでもない。
でも、こっちのトピックの方が季節感があっていいだろうなあ。

 
せっかく終えた音声編集をもう1本分、頭からやり直す面倒くささと
誌面クオリティを天秤にかけた結果、 クオリティを重視して(編集者の鑑!)
結局、もう1本分、作業し直したわけなんですよ。
うへぇ。
先にやってしまった分は、次の号に回そう…。

 

そういうわけで、今、ここに、
1か月前の私が作業してくれた編集済みの音声がある!
ありがとう、1か月前の私!

 

何かイソップ童話とか、
日本昔ばなしとかにありそうな話だなと思ったけど
うまい例えが見つからないからいいや。
早く寝なきゃだし。

 
 

|

« コバエが激・取れた | トップページ | 北京4日め・ラム組合 »

05: 日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コバエが激・取れた | トップページ | 北京4日め・ラム組合 »