« トルコ17 アンカラとおっさんと私 | トップページ | 欧州旅行その1:広州にいる »

北京いってきた

水曜日まで、取材で北京に行ってました。
北京は今年4月に初めて旅行したばかりだけど、
まさか年内にもう一度行くことになるとは。
 

いつも一人旅が多いので、
編集さんたちとの珍道中(?)はとっても楽しかった。
成り行きで中国人学生の日本語スピーチコンテストの審査員をして
「僕は農家の生まれだけど、どうしても夢を叶えたい!」という
真剣な学生のスピーチに思わず泣きそうになったり。
「女の子にモテなくて、最近は男の子が気になります」という
冗談まじりのスピーチに爆笑したり。
 
 
いろんな人に会って話を聞いて、仕事が終わって
最後の夜に編集さんたちと自由時間を満喫していたら
なんと通り魔事件に遭遇!
通りの向かい側には、首から大量に血を流した被害者青年の姿が…。
意識ははっきりしているみたいでよかったけど、
救急車が迎えにくるまで気が気じゃなかったよ。
ていうか事件現場、つい数日前にランチした餃子屋の前だっつーの!
 
 
取り押さえられた犯人の周りには野次馬の人垣ができていて
私たちもヤジヤジ見に行ったんだけど、
犯人が手錠をかけられていたのではなくて
後ろ手に縛られて、道に転がされていたことに驚いたね。
お縄ちょうだいの世界…!
中国すげー。(一応首都ですぜ、ここ)
 

ワンオブザ野次馬の証言によると
救急車が来るまでに50分もかかったそうで
中国ではケガできねぇな…と尻の穴が引き締まったですよ。
 
 
気を取り直してお気に入りのCDショップ「indie music」に行って
4月に勧めてもらったバンド「旅行団」のアルバムをまた買ったり
店員の兄ちゃんや、その友達の兄ちゃんたちとおしゃべりしたりした。
このCDショップ本当に好き。
もっと中国語が話せたら、いろいろおしゃべりできるのに。
 
 
それから編集さんたちとbed and tapasというバーに行って
まったりカクテルを飲んで。ああ、楽しかったなあ。
人と一緒の旅行はいいね。※仕事です
 
 
唯一の心残りは、ラムしゃぶを食べる時間がなかったこと!
でも全聚徳の北京ダックをたらふく食ったから、まあいいか!
また行きたいぞ北京!
 
 
 

|

« トルコ17 アンカラとおっさんと私 | トップページ | 欧州旅行その1:広州にいる »

01: 旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トルコ17 アンカラとおっさんと私 | トップページ | 欧州旅行その1:広州にいる »