« 先生、慌てすぎ | トップページ | 思い出ボックス »

トリップ・イン・新大久保

仕事で新大久保にあるスタジオに行った。
あのあたりを歩くのは実に久しぶりだったけれども
しかも、ブラブラする時間もなかったので
ただササーッと通り過ぎただけだったけれども
いやあ、本当に新大久保は面白い街ですね!
 

昔、中学の同級生で住所が「新宿区百人町」になってた
女の子がいて、当時は「変な住所」としか思わなかったけど
あれって、モロ新大久保の近辺だよね?
ああ、今だったらいっぱい聞きたいことあるのに!
新大久保に実家があるって、どんな感じ?
ご近所さんに外国の人がいっぱいいるの?
やっぱ食卓に韓国の食材が上ったりするわけ?
 

まあ、その女の子とは後に仲違いをして
口も利かなくなってしまったので、
質問するどころじゃなかったんだけど…。
 
 
仕事が終わって、屋台でホットクを買った。
店のおじちゃんに「アチュイので気を付けて」と言われた。
確かにアチュイ。
何年も前、友達と一緒に行ったソウルで初めて食べた
ホットクの味が、それはそれは美味しくて
帰国してから家で何度も試作したほどだった。
そのときの味にはかなわなかったけど、
今日のも今日のでまあ美味しい。
 

ホットクをパクつきながら総武線の大久保駅まで歩いていると
のれんに堂々と「赤ちょうちん」と書いている居酒屋があったり(まんまやんけ)
「親高校」(=親孝行?)という、
微妙なダジャレの看板が出てたり(おそらくスナック)、
長屋スタイルでどこまでも連なる古びたアパートがあったり。
日が短い今の時期、もう空は暗くて
そんなとき、路地のすき間からぼんやりと光る飛行船が見えて
うわあ、なんだかほんとに異世界に迷い込んじゃった?
…と、クラクラしながら改札への道を歩いた。
 
 
また行かな、新大久保。
 
 
 

|

« 先生、慌てすぎ | トップページ | 思い出ボックス »

05: 日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先生、慌てすぎ | トップページ | 思い出ボックス »