01: 旅行

しまなみ海道その1:複雑な温泉

 しまなみ海道を自転車で走ろうぞ、ということになったので、行ってきました。しまなみ海道っていうのは愛媛県の今治から広島県の尾道までを通っている道路で、瀬戸内海に浮かぶ島々を橋でつないでいるのである。自転車で渡ることもできて、なんでも「サイクリストの聖地」とも呼ばれている……らしい(?)。
 

 初日は飛行機で松山に行って、道後温泉で一泊した。松山はなにげに私の生まれた土地で(でもすぐに東京に引っ越してきたので記憶にない)、しかもこの日はたまたま誕生日だったので、くしくも華々しく故郷に錦を飾ることになりました。
 

 松山は、みかん色の路面電車がかわいい、こぢんまりしたいい街だった。松山市内から道後温泉も、路面電車で15分くらいなのね。街中からこんなに近い場所に温泉があるなんて、たいそううらやましい。

 

 道後温泉では、大正時代から残る木造建築の宿を予約してあって、ハァ〜 テレビもねぇ!(ラジオはある!)という気合いの入った経営方針を貫いているようだったので楽しみにしていたのだが、館内は全面的にきれいにリニューアルされていて、若干もにょもにょした気分になったのだった。うーむ。こういう古い宿は、中途半端にリニューアルしない方がいいんじゃないのかねぇ。
 

 有名な、道後温泉本館にも行った。ここはシステムが非常に複雑で、まず、お湯は「神の湯」「霊の湯」の2種類があり、霊の湯を選ぶと神の湯にも入ることができ、さらに追加料金なしで「又新殿」という皇族専用のお風呂も見学できる。神の湯は1階または2階の休憩所、霊の湯は2階または3階の休憩所を選んで使うことになっている。うーむ、分かりにくい。
 

 私は「霊の湯・2階」を選んでチケットを買ったのですが、入館後もこれまた複雑。まず、2階の休憩所に上がって浴衣を受け取り、システムの説明を受けた後、まずは又新殿の見学をし(見学終了時間が迫っていたため)、さらに夏目漱石にちなんだ「坊ちゃんの間」を見学し、それからお湯に入って、終わったら休憩所に戻ってお茶とお菓子をいただいた。あちこち行ったり来たりしないといけないんだけど、これ、混んでるときはお客さんうまくさばけるのかなあ。ちなみに、坊ちゃんの間は夏目漱石の死後に名付けられたもので、本人はこの部屋を使ったことないらしいよ!
 

 道後温泉、お湯は気持ちよかったけど、混んでてあまり落ち着かなかった。やっぱり、四万温泉とか酸ヶ湯温泉みたいに、ひなびた温泉の方が好みだねい。

 
 

| | コメント (0)

北京いってきた

水曜日まで、取材で北京に行ってました。
北京は今年4月に初めて旅行したばかりだけど、
まさか年内にもう一度行くことになるとは。
 

いつも一人旅が多いので、
編集さんたちとの珍道中(?)はとっても楽しかった。
成り行きで中国人学生の日本語スピーチコンテストの審査員をして
「僕は農家の生まれだけど、どうしても夢を叶えたい!」という
真剣な学生のスピーチに思わず泣きそうになったり。
「女の子にモテなくて、最近は男の子が気になります」という
冗談まじりのスピーチに爆笑したり。
 
 
いろんな人に会って話を聞いて、仕事が終わって
最後の夜に編集さんたちと自由時間を満喫していたら
なんと通り魔事件に遭遇!
通りの向かい側には、首から大量に血を流した被害者青年の姿が…。
意識ははっきりしているみたいでよかったけど、
救急車が迎えにくるまで気が気じゃなかったよ。
ていうか事件現場、つい数日前にランチした餃子屋の前だっつーの!
 
 
取り押さえられた犯人の周りには野次馬の人垣ができていて
私たちもヤジヤジ見に行ったんだけど、
犯人が手錠をかけられていたのではなくて
後ろ手に縛られて、道に転がされていたことに驚いたね。
お縄ちょうだいの世界…!
中国すげー。(一応首都ですぜ、ここ)
 

ワンオブザ野次馬の証言によると
救急車が来るまでに50分もかかったそうで
中国ではケガできねぇな…と尻の穴が引き締まったですよ。
 
 
気を取り直してお気に入りのCDショップ「indie music」に行って
4月に勧めてもらったバンド「旅行団」のアルバムをまた買ったり
店員の兄ちゃんや、その友達の兄ちゃんたちとおしゃべりしたりした。
このCDショップ本当に好き。
もっと中国語が話せたら、いろいろおしゃべりできるのに。
 
 
それから編集さんたちとbed and tapasというバーに行って
まったりカクテルを飲んで。ああ、楽しかったなあ。
人と一緒の旅行はいいね。※仕事です
 
 
唯一の心残りは、ラムしゃぶを食べる時間がなかったこと!
でも全聚徳の北京ダックをたらふく食ったから、まあいいか!
また行きたいぞ北京!
 
 
 

| | コメント (0)

草津よいとこ〜

少し前に、夫と草津に行ってきた。
もともとこの温泉旅行は、
大学時代の女友達2人と一緒に行く予定だったのだが
そのうちの一人がやんごとなき事情でどうしても行けなくなってしまい、
彼女の分は直前にキャンセルすることになった。
そんなこんなで、夫を誘って2人で行くことになったのである。
 

私 「温泉行きます?」
夫 「温泉? どこ?」
私 「草津だけど」
夫 「草津! 行きたい! おれ、温泉の中でも草津が一番好きやねん」
私 (…え? こいつ引きこもりのくせにそんなに温泉経験が豊富だったっけ?)
夫 「ツムラの入浴剤シリーズの中で、『草津』が一番好きやってん!」
私 「…………」

 

ともあれ、草津に行った日はとてもいい天気で、
道には雪が残っていて、すがすがしい寒さだった。
昔、加藤あいが盗撮されたという露天風呂にも入ったが
野趣あふれる「野天風呂」という感じで、気分がよかった。

 

7309152bg9a5e0e1218f9690

7309152bg9a5e10efcbe3690
ねこもいました


 

泊まった宿は、思っていたより豪華で
というか実際、宿ランク的にはそれほど豪華じゃないんだろうけど
これまであまりいい宿に泊まった経験がないもので、
仲居さんやスタッフの皆さんの心づくしのおもてなしにいちいち感激した。
出かけるときもわざわざ扉を開けて、深々とおじぎをしてくれたりして
頼むから私らみたいなもんにそんなに優しくしないでくだせぇ…と思ったりした。

 

部屋でいただいた懐石料理も本当においしくて、
心底、草津に来てよかった! 草津よいとこ! と思った。
結局、食べものがおいしいかどうかが
旅のよしあしを大きく左右しますよね。

 

7309152bg9a5e14ca20ac690


  

ところで、翌日、あの草津名物の
「草津よいとこ 一度はおいで〜♪」
という歌と湯もみを見に行ったんですよ。
湯もみっていうのは、歌いながらリズムに合わせて
温泉の湯をかきまぜて、湯温を下げるっていうものらしい。

 

Img_0212


 

そんでね、最初に踊り子さんたちが湯もみを披露してくれた後で
「お客さまの中で湯もみをやってみたい方は、どうぞこちらへ」
と案内したんですよね。
日本だとこういうとき、みんな何となく立候補できずに
周りの様子をうかがいながらもじもじして、結局
一部の積極的な人だけが参加したりするもんじゃないですか。

 

ところが、ここ草津の湯もみに来ていたお客さんたちは
みんな超ノリノリで、湯もみ体験の行列に
我先にと突進していったのである。
ありゃあ、驚いたね。
湯もみ、おそるべし。

 

| | コメント (2)

清潔でつまらない宿

いろいろ不安になりつつも、
とりあえず最初の数泊分の宿は予約しました。
一人旅のときは、ユースホステルに泊まることが多い。
だって、ユースホステルに泊まらない限り
誰とも喋らないで1日が終わりそうだからね…。
  

ユースホステルって、汚そうとかうるさそうとか
バカな若者が多そうとかいう印象がありますが(?)
今はインターネッツという便利なものがあるので
そういう宿は、調べて極力避けることができます。

 

まず、HostelworldとかTripadvisorといったサイトで
目的地のホステルをチェック。
世界中の旅行者から、口コミが投稿されてます。
「満足度」が85%以上なら、とりあえずOK。
よさそうだな、と思った宿の口コミをざっと読みます。
その宿を高く評価して、褒めている口コミよりも
低く評価して、disってる口コミを読むのがポイント。
 
 
「シャワールームが汚い…」とか
「ベッドに虫が出た…」とか
「予約したときの値段と違った…」とか
言ってる人が複数人いたら、その宿はやめときましょう。
「スタッフの愛想が悪い」とかの口コミは、
まあ、そのときのタイミングもあると思うので
あまりにも多くない限りは気にしない。
 

あと、おすすめはFun(楽しさ)の評価が低い宿。
Funってのは何かっていうと、
世界各国からバカな若者たちが集まるユースホステルですから
夜通し酒を飲んだり、歌ったり踊ったりすることもあるわけですな。
それはそれで、もちろんよいのですが
静かに過ごしたいよー
どうせならほかの旅行者とまったり語らいたいよー
という私のような人は、Funの評価が低い、
すなわち「つまらん」と評判の宿に泊まるのがいいわけです。
 

そんなわけで今回見つけた、
「清潔」かつ比較的「つまらん」らしい宿がココ。

 

Agora Guesthouse

Th_20101020_234902_2

 
 
ざっと調べた限り、特に悪い評判はなさそう。
女性専用6人部屋、一晩2000円弱でございます。
あっ、「女性専用」も大事ね!
静かに落ち着いた環境で寝たいのよ…。

 

とりあえず寝床が確保できてヨカッタ。 

 

| | コメント (0)

不安に駆られる

日曜日から、旅行に行く。
2週間の一人旅で、最近はアジアばかり行っていたので
久しぶりの遠い場所である。

 

それで、ずっと楽しみにしていたのだけど、
ここへ来て急に不安が襲ってきた…。
なんか、客引きに詐欺にスリ・置き引き、
挙げ句の果てには睡眠薬強盗(!)といった
その国のネガティブ情報ばかり
立て続けに読んでしまったのである。
多少はそういうことがある、と聞いてはいたものの
「もしかして思ったよりヤバイんじゃねーの…?」と
ドキドキ、ビクビクしているのです。

 

しかも、思ったより寒そうだし…。
天気もそんなによくないっぽいし…。
寒くて暗い中、ひとりで歩くほど不安なことはないよ!
うわーん!

 

…と、しょんぼりしつつ日々を送っておりますが
「行ってみたら意外と楽しかった」
ってこともあるかな、と思っちょります。
現地に到着して、宿にチェックインしたら
だいぶ不安も解消されるはず…。

 
 
 

| | コメント (0)

5年間のきろく

この間も書いたように、パスポートを更新した。
期限切れのパスポートは、「無効」の印を押して返される。

 

もともと私は、小さいころから海外に行く機会があったり
(母親が海外旅行好きだったのと、
当時はバブルで潤っていたらしい。今は実家に1銭の金もなし)
留学したりしていて、海外に慣れていた割には
「自分で思い立って海外旅行」をする方ではなかった。
海外に自分で行くようになったのなんて、ごく最近のことだ。
ここ5年は、多分これまでで一番海外に出かけた時期で
パスポートにたくさんのスタンプが押されているのがうれしい。
うれしいので、スタンプに押された日付と国をふり返ってみる。

 

---------------
■アメリカ・フロリダ州(取材)
2005.9.16 出国
2005.9.27 帰国
 
『地球の歩き方』の取材。
初・海外取材でまったく勝手が分からず、
迷惑かけっぱなしでした。ごめん。
 

■アメリカ・グアム(旅行)
2005.12.6 出国
2005.12.9 帰国
 
Eちゃんと2人で女子旅。
浅瀬のダイビング体験ツアーに参加したら、
現地スタッフに腰を押されてぎっくり腰になりそうになったり、
サンゴを盗ったと疑われたりで、さんざんでした。
 

■イギリス・ドイツ・ノルウェー(旅行)
2006.10.4 出国
2006.10.4 イギリス入国(HEATHROW)
2006.10.20 ノルウェー入国
2006.10.30 ドイツ出国
2006.10.30 イギリス再入国(LUTON)
2006.11.1 帰国
 
初・一人旅。初・ユースホステル。
とにかく何もかもが初。
大したことしてないけど、一生の思い出になりました。
湖水地方の丘から見た景色が素晴らしくて、またいつか行きたい。
 
ところで、ノルウェーからドイツに行った時の入国スタンプがない!
EU圏内はスタンプ不要なんでしたっけ?
 

■タイ(取材)
2007.4.23 出国
2007.4.26 帰国
 
タイ人の方を英語で取材しましたが、
アクセントの違いや専門用語などにノックアウトされ
ここでもかなりご迷惑をかけてしまいました…とほほ。
 

■タイ(取材)
2007.8.27 出国
2007.8.29 帰国
 
2度目のタイ取材。
帰国してすぐ発熱&下痢。39℃出てびびった。
 

■台湾(新婚旅行)
2008.6.30 出国
2008.7.6 帰国
 
いきなり喧嘩して成田離婚の危機。
でも台湾のゴハンおいしかった。
 

■中国・アモイ(旅行) 
2009.4.28 出国
2009.5.5 帰国
 
コロンス島と土楼をめぐる旅。
これがきっかけで本を出せるとは…!
 

■シンガポール・マレーシア(旅行)
2009.7.29 出国
2009.7.30 シンガポール入国
2009.7.31 マレーシア入国
2009.8.2 シンガポール再入国
2009.8.3 帰国
 
ふり返ってみれば、暑かった。
マラッカで爺さん2人組と友達になった。
 

■カナダ・アルバータ州(旅行)
2009.9.28 出国
2009.10.6 帰国
 
15年ぶりに、かつてのホストファミリーと再会。
当時、子どもだったホストブラザー2人が
すっかり大人になっていて、本当に驚いた。
ありゃ別人だ。
 

■中国・アモイ(取材)
2009.11.21 出国
2009.12.20 帰国
 
取材。ひたすら取材。
遊んだ記憶はほとんどない…。
この冬は寒かったようで、毎晩凍えてました。
 

■香港(旅行)
2010.5.13 出国
2010.5.13 香港入国
2010.5.16 マカオ入国
2010.5.17 香港再入国
2010.5.18 帰国
 
夫と2度目の海外旅行。
またも喧嘩して成田離婚(以下略
 

■中国・アモイ&上海(旅行)
2010.6.24 出国
2010.7.3 帰国
 
コロンス島の本を持って、現地の友人たちと再会。
上海も、ついでにブラブラと。
---------------

 

ここのところ、アジア圏が多かったので
次はヨーロッパに行きたいなあ、なんて思っているのだけど
なかなか大変よね、ヨーロッパは。
お金的にも時間的にも。頑張れるかしら。

 

新しいパスポートにも、色々な場所の
スタンプが押されますように。


 

| | コメント (1)

IKEAでNYO

久しぶりにIKEAに行きました。
 

家から行ける範囲のIKEAというと
これまでは、南船橋と新横浜のお店だった。
ただ、どちらも微妙に遠い。
電車で行くことはもちろんできるのだけど、
「もしもいっぱい買い物をしてしまったらどうしよう」という不安で
結局、いつもレンタカーを借りることになる。
ガソリン代、家の近くの駐車場代などを考えると
IKEAに行くだけで1万円くらいかかってしまう。
安い家具で知られるIKEAだが、果たして本当に安いのか…。
 
 
そして私たちの場合、車でIKEAに行くとものすごく時間がかかる。
高速を飛ばしていけばあっという間に着くのでしょうが、
宅のピロシは運転に自信がないため高速に乗らず、
いつも下道を通って行くのである。
前回、南船橋に行ったときなんか、片道2時間半かかった。
これなら電車で行ったほうが速いですね。
 

 

しかし、今回行ったのは「IKEA 新三郷店」という店舗。
家からだと幸い、
「首都高に乗ってしまえばすぐ、しかも一本道」
という好条件のようなので、ここはひとつ、頑張って高速に
チャレンジしてみようぞ、ということに相成ったのでした。
命がけのIKEAである。
 

高速はほとんど渋滞もせず、すいすい走れた。
ピロシも「俺の運転も意外といけるじゃーん」といった感じでノリノリである。
(しかし、車線変更はもう少し焦らず、ゆっくりやっていただきたい)

 

で、無事、目的のインターチェンジで高速を降りました。
降りた道を左に曲がるとIKEA方面なのですが、
左折するには車線を3回、変更せねばなりません。
ところが、その道はかなり渋滞している。
気弱な人なら誰でもわかると思いますが、
渋滞している道で3回、車線変更するのは
かなりの勇気と技術を必要とするものです。

 

ピロシは意を決して、車線変更を始めた。
1回……。
2回……。
やった! やればできるじゃん!
最後に入るべき左折専用レーンは特に渋滞していないので、
残る1回の車線変更はらくらくのはずである。
 

ところが。
何を思ったか、ピロシはここでひよって
車線変更のタイミングを逃してしまったのである!!
ごーん……。
 

その後、左に曲がれなかった私たちは
どんどん、どんどんIKEAから遠ざかり
最終的に、かなり遠回りをすることになってしまった。

 

そこへ襲ってきたのが、私の尿意である。
この日、意外と寒かったからなのか何なのか
ちょっと自分でもびっくりするくらいの尿意がやってきた。
IKEAはようやく前方に見えてきたが、道がかなり混んでいて
入店するのにあと30分はかかるかもしれない。
とてもじゃないが、それまで耐えられそうにない……。
 

もはや頭の中は尿のことでいっぱいになり、
「私の運命はこのままここで漏らすか、車を降りて草むらでするか、
 膀胱炎になって死ぬかのどれかに違いない」 という
極端な発想しかできなくなっていた。
道端で惜しげもなくち○ち○を出し、立ち小便している
5歳くらいの男の子を心底うらやましく思った。
彼もまた、この渋滞に耐えられなかった一人なのだろう。

 

そもそも、こんな渋滞に巻き込まれているのは
ピロシがあの日あの時、左折できなかったからである!
この男のせいで、私は強烈な尿意に襲われ
漏らすか死ぬかの瀬戸際に立たされることになったのだ。
私が無事に排尿できたあかつきには、
絶対に離婚してやる!!!

 

結局、私はあまりに進まない渋滞の列を見限って
途中で車を降り、歩いてIKEAまで行って
無事に尿をすることができました。
その後は車を停めたピロシと合流して、
小物などのお買い物をしました。
今のところ離婚はしていません。




| | コメント (2)

直島5/高松でうどん〜銭湯

さて、直島から高松へ戻ったのが16時すぎ。
最初に駅前の観光案内所で、
高松観光とうどん処の案内をもらった。

 

駅ビル内のロッテリアで、その後のプラン会議。
といっても、観光名所はもう閉まる時間だし
うどん屋さんも思いのほか早く閉店するようなので
限られた選択肢の中であれこれ思案する。

 

結果、商店街をぶらつきながら
夜でも開いているうどん屋さんをひととおりチェックし、
夕飯にうどんを食べた後、銭湯に入るというプランに決まった。
また寝台列車に乗って帰るので、
その前に銭湯に入るというのはなかなかよさそうだ。
(列車内にも一応、シャワーがあるけど)

 

うどん屋は「うどん棒」というところに入った。
私はかま玉、連れはたこ天うどんを注文。
連れは相当おなかがすいていたらしく、
さらに追加で冷やしかけうどんを頼んでいた。
どれも大変、美味でした。
家族経営なのか、店員さんがみな
とてもアットホームな雰囲気なのもよかった。

 

銭湯は「松本温泉」というところに行った。
すんごいボロくて、それが新鮮で面白かった。
ロビーには全面ガムテープ張りのチェアなどがあった。
中に入るとすいていて、広々としたお風呂を満喫した。
ちょっとお湯が熱かったけど……。

 

Img_3302
ピロシ撮影

 
 

サンライズ瀬戸の出発時刻まで少しあったので、
Kさんおすすめのカフェ「umie」に行ってみた。
古い倉庫を改造したカフェで、天井が高い。
店内のあちこちに、たくさんの本が置かれている。
居心地がよくて、もっと長居したかった。
次回はゆっくりしようっと。

 

帰りのサンライズ瀬戸は「のびのび座席」を予約。
カーペットの上に雑魚寝するような感じだったんだけど、
「ソロ」の個室と比べてこちらの方が広いような気がする。
床が固いのと、寒いのはキツかったけど
寝袋とアイマスクを持参すれば快適に寝られそう。

 

さて、次はどこに行こうかなー。

 

(おまけ)直島の猫・ついか

Img_2200_2 

Img_2225

 
 
 
 
 

| | コメント (2)

直島4/家プロジェクト〜ベネッセハウス

夜が明けて、直島2日目の朝。
石井商店の朝ごはんを食べ、チェックアウトと同時に
荷物を預かってもらって、さっそく家プロジェクトの見学に出かける。
 

ちなみに、朝撮った石井商店の写真。
なかなかカッコイイ宿なのだ。

 

Img_2206
 
 
家プロジェクトというのは、直島の常設アートで
空き家となっている古民家を利用してアーティストが作品化したもの。
 
 
どれも、すごくよかった。
地中美術館も、ベネッセハウスもよいけど
私はこの家プロジェクトがいちばん感動しましたです。
 
 

Img_2217
かつて歯医者だった建物を利用した「はいしゃ」
 
 
角屋、碁会所、はいしゃ、南寺、石橋、護王神社、の順に回った。
角屋は、薄暗い民家の中央に大きく水が張られていて
その水の中に赤や緑のデジタル数字が点滅する、という作品。
水を囲む回廊にはすでに先客が何名か座っていて
みな、静かに水面を見つめて作品を鑑賞している。
 
 
ところが、同行者のピロシがそうした先客に気付かず、入室するなり
「な、これあれちゃう!? あのほら、渋谷の、数字の……」
と騒ぎ立てるので困りました。(しばらくして気付いた模様)
そう、この角屋は、原美術館の「時の連鎖」と
同じ作者である宮島達男氏によるものなのです。
ていうか、原美術館は渋谷じゃなくて品川だし……。
 
 
家プロジェクトを鑑賞後、「カフェまるや」にてごはん。
前日の教訓を生かして、早めのお昼ごはんです。
以前、友人から聞いていたとおり素敵なカフェでした。
 
 
バスに乗って、ベネッセハウスへ。
ホテルとミュージアムが併設されたベネッセの施設です。
ミュージアムへ行く途中の道にも、
さまざまなオブジェがどーんと飾られていて楽しい。
 
 
帰りの船の時間が迫っていたので、ミュージアムをざっと鑑賞。
ザ・ワールド・フラッグ・アント・ファーム(柳幸典)がすごかった。
透明な四角の中に各国の国旗を砂で描き、
その中に蟻を放って道筋をつくらせたもの。
 
 
鑑賞後、バスで港へ。
15:40の高速船に間に合わないと、
次の船が19時台!というのでかなり焦りました。
ギリギリセーフで乗れた。危なかった…。
 
 
さらば、直島。
天気にも恵まれて、猫にもいっぱい会えて、楽しかった。
 
 
 
 

| | コメント (2)

直島3/猫もりだくさん〜ウミホタル

本村地区で見かけた猫たち。

 

Img_2122
 

Img_2126_3

Img_2135

Img_2151_2

Img_2157

Img_2165
 

Img_2183


 
さて、お昼ごはんを食べ終わった時点で3時半だったので
この日はあんまり無理せず、残りの行程は翌日に回すことにした。
地中美術館に行き、お昼を食べただけで1日終わってしまっているが
とにかく混んでいて、どこでも待ち時間が長かったのだ。
でもま、いそぐ旅ではないのだし。
 
 

Img_2177
 

Img_2187

 
 
レンタサイクルを返し、バスに乗って宿にチェックイン。
石井商店という民宿に泊まった。
とってもアットホームな雰囲気で、いいところ。
一緒に泊まった人たちも、皆いい人たちだった。
 
 
夜、おやじさんがウミホタルを見せに連れて行ってくれた。
水の中で青く発光するプランクトン……と思っていたら
甲殻類だったのか!
 
 
青い光のかたまりがぼわーっと水の中に浮かんで
時々、その一部がひゅん、とどこかへ飛び出していったりする。
すごく興奮した。よいものを見た。
 
 

Img_2198_2
 
 

 

| | コメント (0)