08: 猫

マキタこわい

先日、とある経緯でマキタの充電式クリーナーをもらった。
「通販生活」で売ってる人気のアレです。
色は白。(赤がよかった…)
 
 
それで、クリーナー自体は軽くてとても使いやすいんだけど
びっくりしたのは、うちの猫がこのクリーナーに対して
異常なほどの警戒心と敵対心を燃やしている!
これまで何台か掃除機を使ってきたけど
ここまで敵意をあらわにするのは初めて。
だって、必殺「フーッ」が出たからね。
毛を逆立てて威嚇するアレね。
7年以上一緒にいるけど、フーッが出たことって
10回もないくらいなんですよ…。
 
 
マキタのクリーナー、小型だし音もそんなにうるさくないので
どこにそれほどまでに恐れる要素があるのか分からない。
猫に聞いてみたい。
 

| | コメント (1)

猫どっさり in 谷中

谷中に行ってきました。
根津駅で降りて、谷中霊園の方に向かって散策。
谷中は猫が多いことで有名ですが、
歩き始めてさっそく何匹かに遭遇する。

 

Th_img_3312
いらっしゃいまし〜

Th_img_3316
見返り美人
 
 
霊園に入ると「徳川慶喜の墓」という看板が出ていたので、
ちょっと寄っていくか、という程度の
軽い気持ちで進んでみました。
 
 

Th_img_3321
外国人向けに「よすぃのぶ」の矢印も!
 
 
SITARABA、前を歩いていたじいちゃんが振り返り
「慶喜さんとこ行くの?」と話しかけてくる。
「はい」と答えると、
「そんなら鳩山一郎さんとかの墓がこっちにあるから、
 それを見てから行った方が効率がいいよ」とのこと。
 
 
「えっ、そうなんですか〜!」なんて言いながら歩いていると
何となくじいちゃんが道案内するような格好になり、
私も何となくじいちゃんの後をついていき、
そうこうしているうちに、いつの間にか
「無料墓場ガイドツアー」が始まっていた。
マレーシアに引き続き、じいちゃんに好かれる私。
 
 
鳩山一郎、渋沢栄一、横山大観、浅利慶太の奥さん、
勝海舟の娘さんなど、いろいろな著名人の墓を見せてもらった。
その都度くわしい説明をしてくれて、面白かったなあ。
 
 
こういう歴史的な場所には「説明したがりじいちゃん」って
たまにいるのですが(この日、ほかにも見かけた)
このじいちゃんは押しつけがましいところが全然なく、
とても物腰が柔らかで、とっても楽しいガイドツアーだったのでした。
あのときのじいちゃん、ありがとう〜!
 
 
じいちゃんと別れて谷中銀座に向かって霊園を突き抜けると
行く先々で猫を見かける…。
谷中霊園、猫多すぎ!
 

Th_img_3323
いました

Th_img_3333
墓守も飽きるのよねぇ

Th_img_3335
もう1匹来た…と、思っていたら 

Th_img_3340
あっという間に3匹に 

Th_img_3342
いい距離 

Th_img_3351
「わたしたちは」「わたしたちは」
「おはかをまもっています」「おはかをまもっています」

 
 
次々と現れる猫たちの誘惑をふりきり、
谷中銀座に着くと今度は飲み食いの誘惑が。
挙げ句、いちふじのコロッケ、
さとうのメンチを両方買うという暴挙に。
お、お昼食べてなかったんだからいいよね!
 
 
さらに「琥珀エビス」の生を見つけてしまう。
ゴクリ…。
またも誘惑に負けて購入。
なんとクリーミーな泡!
 
 

Th_img_3353
っか〜いい色だぜ!
 
 
エビス後、急ぎ足で浅草に向かいぐるっと散策。
明日、オーストラリア人夫妻を案内するのです。
谷中、浅草ともにまったく得意エリアではないので
今日は下見に行ってきたんだけど、
さてどうなることやら。
 
 

Th_img_3354

 
 


 

| | コメント (2)

スーツケースの中に

出発直前になっても全然荷造りが終わっておらず、
あわててやっていたのですが。

 

ふと気付いたら、知らない荷物が入ってました。

 

Img_2908
※周りが汚いのは仕様です

Img_2909
 
 
重量オーバーしそう。
 





| | コメント (0)

『ねこのきもち』10月号に

せんえつながら、雑誌『ねこのきもち』(ベネッセ)10月号に、
コロンス島の猫に関するちょっとしたコラムを書かせていただきました。

 

Gulangyu_neko

 

付録でついてる「ラッキー!プレゼント」新聞の中の
「ワールド・ねこ・ライフ」というコーナーです。
毎回、いろいろな国のねこの暮らしについて
現地に滞在している人が書いています。

 

『ねこのきもち』は定期購読のみで
書店では買えないのですが、
もし購読してる人がいたら読んでみてくださいまし。
(普段はこのブログに仕事関係のお知らせは書かないのですが
今回はayacco名義なのだ)

 
 
 

| | コメント (0)

ネコジャラシでネコはじゃれるか

Img_1651
むむっ
 
Img_1653
………。
 
Img_1648
ふあ〜(と見せかけて)
  
Img_1655
じゃれた

 

結論:ネコジャラシでネコはじゃれる。


 
 

| | コメント (2)

三寒四温

急に暖かくなりましたが、
ちょっと前までは寒の戻りで
けっこう肌寒い日がありましたよね。

こたつを片付けてしまったので、
かわりにホットカーペットを出しました。

そしたら案の定、例の生き物が。

 

Img_2524
だらーん

 

Img_2525
もう離れられません…

 
 
 

| | コメント (0)

感じる視線

翌日の弁当の仕込みをしていると
ふと、部屋の向こうから感じる気配…。

Img_2462

 

何かがこちらを見ているような…。

 

Img_2461

 

何かが……。

 

Img_2465

 
 
 

| | コメント (0)

密室に残された怪文書

夜半に買い物に出た。しばらくして家に戻り、
テーブルの上に電源を入れたままにしておいたパソコンに向かう。
すると私はすぐに、画面に表示された怪文書の存在に気付いた。

Img_2134

Wordで作成されたその文書は、
178ページと膨大な分量である。
こんなに長い原稿が、私に書けるはずはない。
これが第三者の手によって作成された文書であることは、
火を見るよりも明らかである。

正体不明の怪文書におののきながら画面をスクロールさせると、
そこには謎の文字列が表示されていた。

Img_2135  

はたして、この文字列が意味することとは?
そしていったい誰が、何のためにこのような怪文書を残していったのか!?
さあ、君は見事犯人を捜し当て、
この怪文書の謎を解くことができるだろうか?
 
※なお、私が家に戻ったとき、
自宅は内側から鍵がかけられた密室状態であり、
飼い猫のほかには誰一人いなかったことを付記しておく。

 

| | コメント (8)

留守番ねこ

自宅でなく事務所で仕事をするようになってから、
ねねに留守番させることが多くて気になっていた。

きっと、誰もいない部屋でひとりで寝てるんだろうなあ…。
かわいそうだなあ…。

しかし昨日、久しぶりに終日、家にいて安心した。
飼い主が家にいようとも、その名を呼ぼうとも、
ねねはただひとりで寝ているばかりであった。

 
 

| | コメント (0)

猫と電話

最近は事務所で仕事していて
家を空けることが多い。
「留守番中のねねはどうしてるかな〜」と気になるとき、
猫と電話で話せたらいいなあ、と思うわけです。

私「どもども。調子どう?」
猫「とりあえず問題ないっす。つか眠い」
私「もうすぐ帰るんで」
猫「了解っす。よろしく。あ、雨降ってきた」
私「マジ!? 洗濯物とりこんどいてー」
猫「それは無理」

…みたいな。 

 
 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧