02: おでかけ

食い物に執着する

この間の連休に誕生日を迎えたのですが
今年はたまたま、前日に神戸への出張仕事が入ったので
ついでに一泊して、誕生日を神戸で過ごすことにしました。

 

神戸といえば、何といっても最近、気に入っているのが北野と栄町。
北野は、異人館やら何やらの歴史的建造物で有名な観光地だけど
やはり昔から異人さんたちが住んでいたというだけあって、
外国の文化がそこかしこにあふれているんですよね!
具体的には、各国料理店がズラリと並んでいるのよね!
どれもうまそう…。

 

その北野には、現存する日本最古のイスラム教寺院である
神戸モスクがあるというので、ぜひ見たいと思い行ってみた。
大々的に一般公開はしていないようなんだけど
タイミングが合えば見学させてもらえるらしく、
私たちもムスクの方にお願いして中に入れてもらえた。
男性は1階、女性は2階のみ見学できるというきまり。

 

Th__2_3

Th_
 
 
デジカメを持っていたのにすっかり忘れて
あいほんで撮ってしまいましたが、まあいいでしょう…。
 
 
見学の後、ムスクの方と少しお話しした。
このムスクは、空襲で神戸が焼け野原になったときも
震災で地域一帯が瓦礫の山と化したときも
見事に生き延びて今に至るのだという。
「奇跡としか言いようがない」
と、その方はおっしゃっていたけど、確かにそうだよねえ…。
建築の構造的に、何か残った要因があったのだろうか
なんて思ったりもしたけど、
そういうのは野暮な質問ってものですね。
 
 
ムスクの前にはハラール(イスラム教の食べ物)の
食料品店があって、クスクスとレンズ豆、
それと「チャイセット」なるものを買ってみた。
紅茶の茶葉と数種類のスパイスが、ちょこっとずつ入っている。
シナモンなんか、ただの木の皮だよ。皮。
シナモンスティックですらない衝撃!
 
 
それから、元町をブラブラした後
もう一つのアツい街、栄町へ向かった。
栄町というのは、中華街から道一本隔てたエリアで
(この辺が、神戸のすごいところ。歩いてどこにでも行ける)
昭和の時代からあるレトロなビルを利用して
今、オシャレな若者たちが雑貨店やらアクセサリー店やら
なんやかやとオシャレなショップを開いているという…。
そんな、大変オシャレなエリアなのである。
 
 
栄町を歩いて、オシャレ気分を味わった後
誕生日の夕飯に、カジュアルフレンチのお店に入った。
簡単なコースを頼んだんだけど、これがまた
どれもこれも美味しい料理ばかり…ハズレなし…!
もともと高級料理というものに縁がないので
きっと世の中にはもっと美味しい店が山ほどあるんでしょうけど
自分にとってここは、もうほんとパーフェクトに美味しかった。
  

で、美味しい料理に舌つづみを打ちつつ
ふと、時計を見ると、帰りの新幹線の時刻が迫っている。
残すは、コースの最後を飾るメイン料理と
デザート、コーヒーを残すのみ。
メインが運ばれてきたところで
「すみません、あと10分で店を出ないといけないんですけど…」
と、店のおかあさんに事情を説明しましたところ、
おかあさんはあんまりびっくりして「ええっ!?」と叫んでいた。
そりゃそうですよね。ホントすみません…。
 

「あと10分でしたら、もうデザートは無理ですよね…?」
と告げるおかあさんに
「いえっ!頑張って食べますから早く用意してください!」とゴリ押し。
だって、ここまでどの料理も美味しかったから
デザートもきっとすごく美味しいに違いないじゃないか。
事実、メインもデザートもすっごく美味しくて
ゆっくり味わえない自分を心底恨みましたね。
なんであと30分早く店に入らなかったのか、と!
 
 

Th_img_0239
鴨のロースト

Th_img_0241
あきらめず平らげたモンブラン

 

店を出て、やっとのことでつかまえたタクシーの運転手さんに
「急いでます!!」と伝え(一度やってみたかった)
運転手さんもはりきって走ってくれて、
なんとか新幹線の時間に間に合いました。
あー美味しかった。
さっきから「美味しかった」しか書いてないな…。



 

| | コメント (2)

富士登山で夏が終わる。

富士山に登ってきました。
誰にも負けないくらい運動不足なのに、
高山病にかかることもなく、まさかの登頂成功!

 

バスで集合場所の五合目に着いたら、人が多くてびっくり。
富士登山ブームなのは知ってたけど、
もう8月31日なのに、ここまでとは…。

 

Th_img_0078
 
 
五合目にはお馬さんもおって萌えるのだが、
不思議なことに、馬の世話をする係の人たちがみな、
モンゴルとかチベット系のお顔立ちをしているのだよね。
とはいえ富士山だし、日本人だと思うんだけど
モンゴル系の顔の人を優先的に採用してるのだろうか。
 

Th_img_0077
なぜか壁に寄り添うお馬さんたち
 

五合目(吉田口)から出発して、六合目へ。
ここまではまあ、ピクニック気分でなんとか。
 

Th_img_0085

Th_img_0094
いい眺め!
 

六合目から七合目は、結構キツい。
いえ、周りの若い皆さま方は楽々と登っているのですが
なにぶん三十路なもので…。
ちなみにこの日のチームは女子5人で、全員30〜40代。
名実ともに、山ガールならぬ山婆(やまんば)チームとなりました。
 

Th_img_0101


 

午後4時、七合目の一番上にある山小屋に到着。
ガイドさんから「こんなにペースが遅いとは…」と驚かれる。
えっ、そんなに遅いの!?(こんなもんかと思ってた…)

 

4時半に夕飯。
かなり早い時間だけど、普通に完食。

 

Th_img_0103
ハンバーグ定食。んまい!
 

この日のメンバーは前日、寝不足の人が多かったので
食べたら早めに休むことになりました。
ところが、私はまったくもって一睡もできず。
まさかの完徹状態で、夜11時半に山小屋を出発。
起きてから出発までがかなり慌ただしくて、
空気も薄かったので、心も体も焦りまくり。

 

ここから八合目、九合目までは本当にキツかった!
空気が薄いので少し登っただけですぐ疲れて、心臓はバクバク。
岩が多くて歩きにくいのに、足はどんどん上がらなくなっていって
気を抜いているとすぐに転びそうになる。
周りの人も余裕がないので、転んでも「大丈夫ですか?」とか言われず
無音状態なのがまた切ない…。(←転んだ人。しかも2回)

 

でも、富士五湖の方を見下ろした時の夜景はとてもきれいで
空には満点の星空!
オリオン座も北斗七星も、くっきりきれいに見える!

 

Th_img_0114


 

九合目に着くころには、ヤケクソになってきて
なぜだか元気回復。
そして、ついに、まさかの登頂!
御来光が出る前の空は、すでにほのかに明るくなってきていて
見渡す地平に感動しました…。
 
  

Th_img_0115

Th_img_0119
御来光を待つ人たち 

Th_img_0131
一面に広がる雲海。幻想的…

Th_img_0134
 
 
そして、日の出の5時5分を少し過ぎたころ
いよいよ御来光が出てきました!
 
 

Th_img_0142

 
 

いやー、登ってよかったと心から思ったね。本当に…。
自分が日本一高い場所にいるなんてさ、信じられないよね!

 

…そして、ここからまたはるばる
山を下らなきゃならないなんてさ、信じられないよね!

 

下山はえんえん、えんえん砂の坂道が続くので
かなり足にきた。辛かった。
でも、無事に下りてこられてよかったです。
あんなに辛かったのにさ、機会があったら
また登っちゃうかもしれないわ、富士山。

 

富士登山の数日前には、高円寺阿波おどりもあって。
今年の夏も、楽しく過ぎていきました。
それにしても、早く涼しくならんかな。

 

| | コメント (4)

金時山に登る

箱根の金時山に登ってきました。
今月末、富士山に登るのでその練習です。
 

女子ばかり9名(+ガイドさん2名)のパーティーで
ゆっくり、ゆっくり登山。
ゴツゴツした岩場とか、滑りやすい砂地とか
適度にアドベンチャー感もあり満足。

 

以前、アウトドアショップに靴を買いに行ったとき
店員のお兄さんが
「金時山も結構キツいですよ」と言ってました。
登ってみた感想は…。
「ハイキング」と言われていたらキツいけど
「登山」と思えばこんなものかな、と。
ま、そんなこと言いつつ翌日は思いっきり筋肉痛で、
バスの段差すらひと苦労だったんですけどね!

 

Th_img_5842
絶景!

Th_img_5837
頂上には金太郎さんのまさかりが。(担げます)

Th_img_5833
目の前には富士山。

Th_img_5835
頂上で食べたうどん。こういう普通のうどんが身にしみる。
 
 
この日は爽やかな晴天で、
山の中に入れば意外と涼しくて快適でした。
下山後は箱根湯本駅近くの日帰り温泉でひとっ風呂。
私の好きなぬるめのお湯で極楽でしたわ〜。
 
 
ビールと駅弁をあけつつロマンスカーに乗っていたら、
電車の中から厚木市の花火が見えました。
今年初の花火。
気づけばもうすぐ8月も半ばで、
あっという間に夏が終わってしまいそうだなあ。
 
 
 
 


| | コメント (3)

人生の縮図

先日、何気なくネットサーヒンしていたら
「Let's Go 海外!」というイベントを見つけた。
各国の観光局が東京ミッドタウンに集まり、
ブースを出してその国の魅力を紹介してくれるという。
さらには、1時間に1回、抽選会が開かれて
航空券が当たるチャンスもあるとか!

  

主に「タダで海外行きたい」というよこしまな目的に突き動かされて
土曜日、はるばるミッドタウンまで行ってきた。
ちなみに、私は東京に住んでいるくせに
イマ風なスポットにはとんと縁がなく、
ミッドタウンを訪れたのもこれが初めてでした。
 
 
で、ワクワクしながら訪れたこのイベントですが、
本当に「各国がブースを出しているだけ」で、しょんぼり。
もちろんその国の旅行パンフレットなど資料も配布しているんだけど、
もっと音とか映像とか、あと食とかないのか! 食とか!
唯一、クロアチア観光局だけはチョコレートやジャムなど
さまざまな特産品を販売していて、味見もバンバンさせてくれるので
クロアチアっていい国だな…と思った。
ブースも、クロアチアが一番にぎわっていた。
 
 
さておき、主目的は「抽選会で航空券を当てたい」である。
会場ではイベント専用のチラシが配られ、
このチラシに抽選番号が書かれていて、
そのまま抽選会に使えるようになっている。

 

時間になったので抽選会場に行ってみた。
ちゃんとステージが設営され、きれいな司会のおねいさんもいて、
立派な抽選会である。
ステージ前に集まった参加者は、ざっと150人くらい?

 

抽選方法は、おねいさんが景品を紹介しながら
ボックスの中から数字の書かれたボールを取り出し、
その数字が手元の抽選番号と一致していれば「当たり」。
数字は4けたなのだが、下1けたから発表していって
会場内で最後の1人になるまで抽選を行うという形式なので、
要は、参加者の中から必ず誰か一人は当選するのである。

 

で、もらった1枚のチラシをにぎりしめて
ドキドキしながら抽選の開始を待っていましてですね。
ふと、周りを見回してみたら…。
みんな、チラシを5枚も10枚も持っているのである!!
えー、ずるっこ、ずるっこ!
というか「チラシを何枚もらってもいい」なんてルール、知らなかったし
そんなこと思いつきもしなかったのだが、
みんな、いったいどこでそういう知恵を身につけてくるんだろうか…?

 

一瞬、私も追加でチラシをもらってくるべきか迷ったけど
「ちくしょー、この1枚で勝負してやる」と腹を決めて抽選に参加しましたよ。
景品はいくつかあったんだけど、見事に一つも当たりませんでしたわね。

 

周りを見ていたら、やっぱり、当選したのは
チラシを5枚も10枚も持っていた人だった。
なんだか、人生の縮図を目の当たりにしたような…。
でもいいの。

 
 
 

| | コメント (0)

グラタンとカンパーニュと玉川上水

高円寺に住んでいたころからずっと行きたくて、
でもなんとなく行く機会を逃していたお店があった。
その名も「グラタン屋」。

 

Img_2826
 

名前のとおり、グラタン専門店である。
そのお店がなんと、店主高齢のため
26年間続けた店をたたむことになったという。
閉店前にどうしても一度、食べておきたかったので
最終日だった今日、ようやく行ってきた。

 

この日はテイクアウトのみということで、
お店で食べられなかったのは残念だったけど、
家に持ち帰って夕飯に食べられると思うとうれしかった。
お店の前で並んでいる間にも、
次々にお客さんが来て、何個も注文していた。
みんなに愛されていたお店だったんだろうな。
最後に来られてよかった。
(余談ですがあの田代まさしもファンだそうです)

 

「ぱん」という看板の出ているカンパーニュ屋さん
カンパーニュも買った。グラタンと一緒に食べるのが待ち遠しい。

 

Img_2827

 
 

さて、お昼にグラタンを食べられなくなったので
久しぶりの極楽町食堂へ。
スパイシーチキンご飯(?)を食べた。
お店ですごくかっこいい曲がかかっていたので
スタッフに聞いたら、Special Othersという人たちだという。

 

この後、行く予定の場所があったのだが
まだ時間があったので、1時間ほど高円寺をぶらつく。
私は高円寺に行くといつも「東京屋」でビーツ缶を
仕入れて帰るのですが、今日見たらナンプラーもめちゃくちゃ安かった。
350mlのびんで180円。もちろん購入。

 

新しくオープンしたフロレスタドーナツで、ドーナツを買って食べた。
小麦粉とか卵とか、ごく普通の材料だけで作っているというのに
揚げたてのドーナツはすごくふっくら、もちもちしていた。
昔、住んでいた家からだったら30秒で行けたのにぃ!

 

それから高円寺を出て、中央線で拝島に向かった。
拝島駅から、西武新宿線の玉川上水駅まで
玉川上水ぞいをひたすら歩いた。
約7キロの道のり。

 

Img_2832
拝島駅前
 
Img_2838
 
Img_2837
でっかい木があちこちで道をふさぐ 

Img_2840
単線のせんろ

Img_2861_2
そびえ立つ鉄塔を見ながらダベるおばちゃんたち
 
Img_2850
カモもいたカモ

Img_2859
どんぐり。久しぶりに見た!
 
 
最近、家にこもりきりで仕事していたので
緑の中を歩くのは楽しかった。
途中、4センチくらいあるでっかいスズメバチに
襲われそうになったり、スリルも(多少)あった。
 
 
あと、おもしろい看板がたくさんありました。
 
 
Img_2863
「チンコビーム」

Img_2864
「危ない 子供とびだす」(断言)

Img_2865
「私道です 禁止」(※「通り抜け」の文字が消えてます)
下の青木雄二ふうの絵もナゾ…。

Img_2869
「お金はビンの中にかならず入れて下さい。
 入れない人はつかまります。見てますよ
 六月二十一日 三人つかまりました
 カメラが見てます」(野菜の無人直売所にて)

 
 
直売所には確かにカメラが据え付けてありましたが
ケーブルはぷっつり切れておりました…(つまりフェイク)。
 
 
2時間半ほど歩いて、玉川上水駅に着きました。
途中、直売所で無添加のブルーベリージャムが売っていて
つい衝動買いしてしまいました。
 
 
Img_2873
 
 
夕食にグラタンとカンパーニュ(とスープとサラダ)。
グラタン、おいしかった。とっても。
最後に食べられてよかった。
 
 



| | コメント (2)

1st wedding anniversary

結婚して1年が経ちました。
早い…あっという間だ。
そして、「よくもったなあ」というのが正直な感想。
それぐらい、いろいろ衝突もあったわけです。
まあ引き続き頑張ってやっていきましょう。

 

さて、そんなわけで結婚記念日には、
式を挙げた高輪教会の礼拝へ。

 

その後、どこに行こうか?というのは結構迷ったのですが
天気は雨だし、「近くて、室内で楽しめるところ」が
よいということになりました。
で、しながわ水族館へ。
水族館マニアかよ。

 

ランチは最寄り駅の大森で、「スープカレーダイニング en」へ。
とっても美味でした。満足じゃ。

Img_3865

 

しながわ水族館は、家族連れであふれていました。
トンネル水槽は、一度行ってみたかった。
エイやらウミガメやらが頭上を泳ぎ抜けて大迫力!

 

Img_3870

Img_3868_2
イソギン。カラフルに撮れたので載せてみた

Img_3881
なんかデカい魚

Img_3887
ピラルク

Img_3898
サメ。顔こえー

 

ゴマフ(アザラシ)も見ました。かわいかった〜。
ゴマフって、なんか名字呼びすてみたいでいいですよね。
ゴマフ。

 

そのほか、イルカのショーなども見て満喫。
芸をするイルカ自体もすごいと思うけど、
それよりもどうやって芸を仕込んでいるのか気になる。
「輪をくぐったらエサをあげる」っていうシステムはわかるけど
そもそも「輪をくぐってね」という最初の指示は
どうやって与えるのだろうか。

 

その後、吉祥寺で家に必要な雑貨を
いくつか買った後、西荻窪へ。
ビストロ「サン・ル・スー」で食事をしました。

 

ここがもう、大変に美味しかったんですよ。
前菜の盛り合わせでいきなりノックダウン。
ふわふわのキッシュ、コクのあるスモークサーモン…。
 
 
メインには、ピロシは子羊、私はメバルを注文。
メバルは、パリパリに焦がした皮と
ふんわりジューシーな身とが絶妙にマッチ。
…ああ、語彙の乏しい料理レビューほど
みっともないものはないけど、とにかく美味しかったのだ!

Img_3912_2
メバルのグリエ

 

ちなみに夫には、記念に鼻毛カッターをプレゼントしました。
だってね、出てるんですよ!
この人は常に、鼻毛が!
しかも束になって!!

 
 
  

| | コメント (2)

水族館つづき

いろいろありつつも、サンシャイン国際水族館に着いて
無事、水族を見ることができました。

 

実は私はサンシャインまで徒歩20分程度のところに
実家があったので、中学生のころは
休日といえばサンシャイン近辺をうろつくことが多かった。
意外と都会っ子だったんですね!
しかし縄張りが渋谷とかでなく池袋だったので
おしゃれセンスはまったく磨かれず。

 

ともかく、今となっては久しぶりの池袋。
久しぶりのサンシャイン。
水族館も、何度か来たことがあります。
昔は水槽に手を突っ込んでヒトデを直接触れるコーナーが
あったのに、今はそれがなくなっていて残念。
(触りたかったのか?)

 

ちなみにサンシャイン国際水族館は、
プチ動物園とプチ水族館がセットになった施設です。
どっちも中途半端…とか言わない!
まずは動物園から見物スタート。 
動物たちのだらしなさに萌えます。

 

Img_3777

だらしないウサギ。
 

Img_3780

だらしないマーラ(おしりにう○こ付き)。
 
 
Img_3784

箱に収まるマーラ。
 
 
Img_3799_2
 
マーラの正面顔。
 
 
Img_3791

アルマジロと…何だっけ?
とにかくみんな寝てます。
 

Img_3796

マンボウ。
 
「思ったより小さくない?」
「マンボウ小っせえなー」
 
…という声を何度も耳にしました。
訪れる人みなに「期待はずれ」の烙印を押されるマンボウ。
(実際、小さかった) 
 

Img_3805

ウツボ。超こええ。
 

Img_3815

カエル。
補色に成功しすぎ。
 

Img_3817

若い女子たちが
 
「交尾してるよ!キャー」
「そっとしといてあげようよ!」
 
とキャピキャピはしゃいでいましたが、
親子ガエルではないかと思われます。
おばさんはこんなことぐらいでは動じないの。
 

Img_3824

ヘビに関する説明です。
 
「舌を出し入れする理由だって!キャー」
 
…年甲斐もなくはしゃいでしまいました。

 

以上、水族館の写真でした。
ちなみにサンシャイン国際水族館は
2度も脱走したアリクイがいることでも有名ですが、
件のアリクイはというと、箱に入って眠っており
お尻しか見えませんでした。
脱走するわ尻向けるわ、サービス精神ゼロだな…。
 

いや、アリクイが人間にサービスしなきゃいけない
筋合いなんて、どこにもないですけど。 

 
 
 

| | コメント (0)

石神井公園

先日、お弁当を持って石神井公園に行きました。

Img_3756


 

お弁当のメニューは

・タイ風からあげ
・野菜のグリル
・厚焼き玉子
・エビとアボカドのわさびソースあえ
・ブロッコリーいため

Img_3760

 

この日は久しぶりにいい天気。
ここのところ雨続きだったせいか、
石神井公園の池にはボートで遊ぶ家族連れがいっぱい。

 

(父と娘の乗ったボートを見て)

私 「きっと、月に1度の娘との面会日なんじゃない?」
夫 「やめなさいって…」

 

こんな具合に彼らを観察しつつ、
彼らにコメントしつつ、弁当を食う。
イヤな会だなオイ。

 

しかし、見ているとボートに乗りたくてたまらなくなってきます。
この日は水族館に行く予定だったのであきらめましたが、
次回はぜったい乗る!!

 
 
 

| | コメント (0)

高円寺と西荻

ランチ、高円寺の天ぷら屋さん「天すけ」へ。
カウンターだけの小さなお店で、
揚げたての天ぷらをいただける。
私は「玉子ランチ」、連れは「天丼+玉子」を注文。
玉子というのは、玉子を生のまま揚げたもので
とろ〜りとろける黄身と、ふわふわの白身の食感がたまらない。

Img_3618
玉子ランチ。ここに揚げたての天ぷらが次々と運ばれてくる。

Img_3620
天丼+玉子

お店は小さいけれどいつも手入れが行き届いていて
店主もお弟子さん(?)も、細やかな気配りをしてくださる。
天ぷらがおいしいだけでなく、まれに見る名店だと思う。

 

高円寺をぶらぶらした後、西荻窪へ。
行ってみたかったパン屋さん「えんツコ堂 製パン」を見つけたので
おみやげにパンを2つ購入。
「はりねずみのパン」と、「えんツコバー」。
明日の朝ご飯にしよう。

Img_3626

 

カフェ「物豆奇(ものずき)」でちょっと休憩。
アイスコーヒー。
いつもはブラックで飲むけど
このコーヒーは最初から甘かった。
でも、微糖なのですっきり飲める。

Img_3621

Img_3623

 

帰り道、「ぼぼり」でアイスクリームを購入。
「しぼりたて牛乳」と「いちごみるく」の2種類。
お持ち帰り用にしてもらったので、家で食べよう。
「ぼぼり」のアイスは地方発送もできるので、
今年のお盆の手みやげはこれにしようかな。

 

はー、幸せな休日。
食べ物の話ばっかりだけど。

 
 
 

| | コメント (0)

善福寺川でお花見

多忙でも お花見だけは かかせない (日本人 心の一句)

 

というわけで、お花見。
これまでにも何度か行っている
善福寺川ぞいの桜を見に行きました。
ここは場所とりをしなくてもきれいな桜が見られて
来ているお客さんも、何となくのんびりした雰囲気で
よい感じなのです。

Img_2513

Img_2518

Sさま持参の桜おちょこに桜の花びらを浮かべて…。

Img_2519

阿佐ヶ谷住宅の桜。
もうすぐ取り壊しか…。

 
 

| | コメント (0)